宮島の観光・登山ガイド

日本三景の一つ、年間400万人が訪れる日本を代表する景勝地

パソコン版・宮島を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・宮島を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道

ロープウェイ乗り場からスタートして弥山山頂を目指す登山コース

ロープウェイ乗り場からスタートして弥山山頂を目指す登山コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
ロープウェイ乗り場にある登山口から弥山の山頂を目指し、登山開始

ロープウェイ乗り場にある登山口。

ここから山頂を目指し、登山開始→

スタートして、しばらくは整備された弥山の遊歩道を進む

スタートして、しばらくは、

整備された遊歩道を進む。

500mほど進むと登山道となり、各所に案内表示も設置

500mほど歩くと登山道となり、

各所に案内表示も設置。

沢が出てくると、口を開けて泣いている堰堤

沢が出てくると、

口を開けて泣いている堰堤を通過。

スタートから30分もすると中間地点を過ぎ、急勾配が急増

スタートから30分。

中間地点を過ぎ、急勾配が急増。

木陰でエサを食べている鹿を発見すると驚く様子もなく、おとなしい鹿

木陰でエサを食べている鹿を発見。

驚く様子もなく、おとなしい鹿。

弥山の原始林は国の天然記念物に指定される森

弥山の原始林は

国の天然記念物に指定される森。

ロープウェイからの遊歩道と合流するとあとは弥山山頂を目指して進む

ロープウェイからの遊歩道と合流。

あとは山頂を目指して進む。

史跡巡りのできるこの辺りはお堂や巨石が次々と現れる場所

史跡巡りのできるこの辺りは

お堂や巨石が次々と現れる場所。

スタートしてから1時間40分で弥山の山頂に到着

スタートしてから1時間40分、

弥山の山頂に到着。

コメント

紅葉谷公園からスタートする登山道の紅葉谷コース。登山口から山頂までは、高低差500m、距離2500m、時間にすると1時間30分~2時間の登山コースとなっています。なお、楽な登山道ではありません。

登山口は、ロープウェイ乗り場付近にあり、秋は紅葉が綺麗なところです。序盤は、遊歩道や緩やかな上りで結構、楽ですが、問題は中盤。かなりキツイ、上り階段が続きます。

その後、終盤はロープウェイからの観光客と合流する形となり、いろいろなお堂があったり、巨石があったり、変化に富んでいて、登山というより、観光気分で登れます。

弥山の登山道は他にも、大聖院コースと大元コースがあります。この日は、下山に大元コースを利用しましたが、原生林が覆い茂り、巨石が多く、歩いていても飽きるようなコースではありませんでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加