高知の観光ガイド

路面電車が市内を行き交う、土佐藩の城下町として栄えた都市

パソコン版・高知を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・高知を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

高知城

山内一豊によって築城された、現存天守の貴重な城

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
高知城の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
多くの歴史的建造物が現存する高知城

多くの歴史的建造物が現存する

高知城。

高知城の再建当時の姿で残っている国の重要文化財に指定される四重五階の天守閣

国の重要文化財に指定される

四重六階の天守閣。

現存天守であることが実感できる高知城天守閣の巨大な柱や梁

現存天守であることが実感できる

天守閣の巨大な柱や梁。

ジオラマ模型やパネルを使い、高知城の築城当時を解説する展示コーナー

ジオラマ模型やパネルを使い

高知城の解説を行う展示コーナー。

高知城天守閣の最上階は展望台となっていて360度で高知市内を一望

最上階は展望フロアとなっていて

高知市内を一望。

高知駅のある東方向の景色と東西南北が眺められる高知城の展望スポット

高知駅のある東方向の景色。

東西南北が眺められる展望スポット。

高知城の天守閣に4基が設置されている青銅製のシャチホコ

天守閣に4基が設置されている

青銅製のシャチホコ。

高知城天守の横に立てられている本丸御殿(懐徳館)

天守の横に立てられている

国指定重要文化財の本丸御殿。

コメント

土佐領主の山内一豊によって1603年に築城された高知城。天守閣は入館有料です。

築城から400年が過ぎていますが、1727年に城下で発生した大火災により、天守閣を始め、多くの建物が焼失。その後、20年ほどかけて建物は再建され、その多くが現存し、国の重要文化財に指定されています。

特に天守閣は、全国にある城の現存12天守のうちの一つに数えられ、実際に天守に入ってみると、太い木が使用され、柱は変色し、床は磨り減っているところがあり、再建250年の歴史を間近に感じられます。

更に、急な階段を上ると天守閣の最上階にたどり着き、そこから眺める高知市内の景色は大変綺麗で、時代は違えども、お殿様気分が感じられる展望スポットとなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加