宗像の観光ガイド

2017年、国内21番目となる世界文化遺産に登録された注目の観光地

パソコン版・宗像を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・宗像を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

新原・奴山古墳群

世界遺産、この地方の豪族だった宗像氏が築いた古墳群

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
世界遺産に登録される、この地方の豪族だった宗像氏が築いた新原・奴山古墳群の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
丘に展望スペースが造られている世界遺産の新原・奴山古墳群

高台に展望所があり、全体が見渡せる

新原・奴山古墳群。

展望スペースから眺める草に覆われる小さな山が新原・奴山古墳群

展望所から眺める古墳群。

草に覆われる小さな山が古墳。

道路も通っているため、近くによって見ることも可能な新原・奴山古墳群

道路も通っているため、

近くすら見ることも可能。

草や木に覆われているため、案内看板がないと新原・奴山古墳の判別不可

現状、草や木に覆われているため、

案内看板がないと古墳の判別不可。

コメント

2017年7月、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群として世界遺産に登録された新原・奴山古墳群。見学は無料です。

今から1500年前、沖ノ島の祭祀を担い、この地方を支配していた宗像氏が、築いた古墳群。玄界灘が見渡せるこの高台に41基の古墳が残っています。

掲載した写真のように近くで見ることもできますが、言われないと古墳と判別することができません。そのようなこともあり、全体が見渡せる展望所へ行くことが良いと思います。展望所には、駐車場もあり、ガイドさんも常駐していたので、色々とお話きけました。

このエントリーをはてなブックマークに追加