熊本の観光ガイド

熊本城を中心に歴史的建造物や史跡が点在する城下町として栄えた街

パソコン版・熊本を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・熊本を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

熊本城

日本三名城のひとつ、加藤清正によって建てられたお城

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
熊本城の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
1601年から7年の歳月を費やし、築城された熊本城

1601年から7年の歳月を費やし

築城された熊本城。

熊本城の天守閣は1960年に再建された鉄筋コンクリート造り

天守閣は1960年に再建された

鉄筋コンクリート造り。

1~3階は熊本城の歴史を紹介する博物館フロア

1~3階は熊本城の歴史を

紹介する博物館フロア。

1870年に熊本城天守閣から撮られた古い写真

天守閣から撮られた古い写真。

焼失する前の1870年に撮影。

360度の展望台となっている熊本城天守閣の最上階

360度が見渡せる展望台となっている

天守閣の最上階。

熊本城の最上階からは熊本市内が眺められる展望スポット

最上階からは熊本市内が眺められる

展望スポット。

唯一、焼失を免れ、築城当時のまま残る地上5階建、国の重要文化財に指定されている熊本城の宇土櫓

焼失を免れ、築城当時のまま残る

国指定重要文化財の宇土櫓。

貴重な熊本城の宇土櫓は内部見学が可能で、築400年の歴史を刻む床や柱は必見

貴重な宇土櫓は内部見学が可能で、

400年の歴史を刻む床や柱は必見。

当時、閉鎖され使われることの少なかった重要文化財指定の不開門

当時、使われることの少なかった

重要文化財の不開門(あかずのもん)

熊本城の築城当時と増築時の2種類の石が積まれる「二様の石垣」

築城当時と増築時の2種類の石が

積まれる「二様の石垣」

コメント

年間100万人以上の観光客が訪れる熊本市のシンボルとなっている熊本城。入城は有料です。

1601年、加藤清正により築城を開始し、天守閣をはじめ、櫓、櫓門、城門、本丸御殿など大規模なものとなり、その広さは東京ドーム21個分とも言われています。

1871年の廃藩置県に至るまで細川家によって維持されていましたが、1877年の西南戦争によって天守閣を含む建物の大部分を焼失。現在の天守閣は、1960年に復元された建物で、内部は鉄筋コンクリート造りとなっています。

天守閣や本丸御殿などが焼失した1877年の大火災で、風上に位置していたため、幸運にも焼け落ちなかった宇土櫓(うとやぐら)は必見。磨り減った床、梁、柱、壁など築400年の歴史を実感できる木造の歴史的建造物となっています。

ご存じの通り、2016年4月に発生した大地震により、熊本城の天守閣を始め、櫓や石垣まで大部分が被災しました。もとの状態に復元するまで10年とも20年とも言われ、費用も600億円以上かかると言われています。城内は立入禁止となっていて、周辺から眺めことしかできなくなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加