霧島山の登山・観光ガイド

日本百名山、近年は火山活動が活発化する大小20の山からなる名峰

パソコン版・霧島山を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・霧島山を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

大浪池コース

下山で利用した、大浪池を経由する韓国岳の登山ルート

下山で利用した、大浪池を経由する登山道の大浪池コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
韓国岳の下山で利用した大浪池コースでえびの高原を目指し、下山スタート

下山で利用した大浪池コース。

えびの高原を目指し、下山開始→

韓国岳の下山をスタートして眼下に大きな火口の見える大浪池

霧島山の雄大さを象徴する

眼下で大きな口をあける大浪池。

韓国岳の下山をスタートしてからは急階段と急坂の連続

下山をスタートしてからは

急階段と急坂の連続。

急坂を下ったところで韓国岳と大浪池一周コースの合流地点

急坂を下ったところで

大浪池一周コースの合流地点。

登山道横に咲いていた霧島山でよく見られる秋の花のホソバリンドウ

登山道の脇に咲いていた

ホソバリンドウ。

えびの高原と大浪池展望台方向との分岐点をあとにし、小さなアップダウンを繰り返す韓国岳の登山コース

大浪池をあとにすると

小さなアップダウンの繰り返し。

緑豊かな森の中はコケなどの植物も豊富な大自然の霧島山

緑豊かな森の中は

コケなどの植物も豊富な大自然。

韓国岳の標高は1300mを下回り、緩やかな道が続き、ハイキング気分

標高は1300mを下回り、

緩やかな道が増え、ハイキング気分。

韓国岳の標高が下がったことで見られた野生のシカ

さらに進むとエサを食べていた

野生のシカ。

県道に突き当たり、あとは道路沿いに5分歩いて韓国岳の下山完了

そして、県道に突き当たり、あとは

道路沿いに5分歩いて下山完了。

コメント

この日は、硫黄山経由で登ったため、帰りは大浪池経由で下山しました。山頂からエコミュージアムセンターまで、高低差520m、距離4000m、下山で1時間30分くらいコースとなっています。

山頂からスタート直後は、ビックリするくらいスゴイ下り坂で、数え切れないほどの階段が続きます。

雄大な大浪池を始め、景色が眺められ、開放感もありますが、大浪池の手前で木々に覆われ、それ以降、景色を望むことはできませんでした。

時間があれば、途中で大浪池を一周したり、大浪池展望台のピストンも良いと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加