縄文杉の登山ガイド

標高1300mの山岳に縄文時代から立っている国内最大の屋久杉

パソコン版・縄文杉を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・縄文杉を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(登山口→三代杉)

荒川登山口からスタートして縄文杉を目指す定番の登山コース

荒川登山口からスタートして縄文杉を目指す定番の登山コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
荒川登山口のスタート地点から縄文杉を目指し、登山開始

荒川登山口のスタート地点。

ここから縄文杉を目指し、登山開始→

スタートして直ぐに出てくるのが真っ暗な小さなトンネルのある縄文杉の登山コース

スタートして直ぐに出てくるのが

真っ暗な小さなトンネル。

縄文杉登山の前半は、平坦なトロッコ道を歩く楽々コース

縄文杉登山の前半は

平坦なトロッコ道を歩く楽々コース。

トロッコ道を歩いていると屋久島固有のヤクシマザルが出現した縄文杉の登山コース

トロッコ道を歩いているとサル出現。

屋久島固有のヤクザル。

縄文杉の登山コースを20分ほど歩いたところで目の前に横たわっている巨大な切株

20分ほど歩いたところで

目の前に横たわる巨大な切株。

かつて林業で栄え、小・中学校もあった小杉谷に架かる橋を渡る縄文杉登山

かつて林業で栄え、学校もあった

「小杉谷」を通過。

縄文杉の登山コースにある小杉谷あたりを流れる川は美しいエメラルドグリーン

「小杉谷」あたりを流れる川は

美しいエメラルドグリーン。

白谷雲水峡からの縄文杉の登山ルートと合流する楠川分れ

白谷雲水峡からのルートと合流する

「楠川分れ」に到着。

更に進むと出てきたボロボロだけど現役で稼働中のトロッコ

更に進むと出てきたボロボロだけど

現役で稼働中のトロッコ。

縄文杉の登山コースは巨大な三代杉に到着

巨大な三代杉に到着。

※登山道(三代杉→ウィルソン)へ続く。

コメント

標高1300mの山の中にある縄文杉を目指して荒川登山口からスタートする人気の登山コース。

荒川登山口から縄文杉まで、高低差680m、距離11km、時間にして4~5時間のコースとなっています。休憩や見学などを含めて、だいたい往復8~10時間かかるので、けして楽な道のりではありません。

よく似ている白谷雲水峡からスタートする登山コースもあり、こちらも日帰りできるルートとなっています。白谷雲水峡の方が多少アップダウンが多いので、今回は荒川登山口を利用しました。

登山をする人であれば、いつもの準備でいつものように登れば何の問題もありませんが、登山初心者や体力に自信のない方は、ガイド付きの登山ツアーに参加することを強くオススメします。

縄文杉のある場所は標高が高いため、平地と比べて気温は6~8度ほど低くなり、服装にも注意が必要となります。また、屋久島は雨が降る確率が高いため、雨具は絶対に必要となり、長い登山中に売店や山小屋もないため、食料や飲み物など十分に持つようにしましょう。

また、トイレのある場所は、荒川登山口・三代杉の手前・大株歩道入口・縄文杉を通り過ぎた高塚小屋の4カ所となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加