縄文杉の登山ガイド

標高1300mの山岳に縄文時代から立っている国内最大の屋久杉

パソコン版・縄文杉を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・縄文杉を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(ウィルソン株→縄文杉)

荒川からスタートし、縄文杉を目指す定番の登山ルート

荒川からスタートし、縄文杉を目指す定番の登山ルート

写真

はクリックすると拡大表示できます
縄文杉へウィルソン株をスタートする登山ルート

※登山道(三代杉→ウィルソン)の続き。

縄文杉へ向け、ウィルソン株を出発→

ウィルソン株からは整備された木製階段の連続の縄文杉の登山ルート

ウィルソン株からは

整備された木製階段の連続。

縄文杉の登山ルートをしばらく登っていると出てくる樹齢3000年の大王杉

しばらく登っていると出てくる

樹齢3000年の大王杉。

急坂や階段の続く中、休憩スペースが限られている縄文杉の登山ルート

急坂や階段の続く中

休憩スペースが限られている登山道。

縄文杉の登山はここからは先の山は世界遺産に登録されているエリア

この看板が出てくると、この先は

世界遺産に登録されているエリア。

さらに登っていると手を取り合っているように見える夫婦杉

さらに登っていると、

仲良く手をつないでいる夫婦杉。

このあたりで特に目立つ、皮のない茶色が特徴のヒメシャラ

このあたりで特に目立つ

樹皮のない茶色が特徴のヒメシャラ。

一本の狭い木道が続くことにより、下山する人とのすれ違いが大変な縄文杉の登山ルート

一本の狭い木道が続くことにより

下山する人とのすれ違いが大変。

縄文杉が目の前となって最後に出てくる縄文杉登山の階段

縄文杉が目の前となって

最後に出てくる階段。

長い縄文杉の登山コースも終わり、縄文杉に到着

そして、長い登山コースも終わり、

縄文杉に到着。

コメント

大株歩道入口から縄文杉までは、木道や階段が続く本格的な登山道となっていますが、途中には、樹齢2000年にもなる屋久杉が立ち、見どころとしては大王杉・夫婦杉・翁杉・ウィルソン株などたくさんあります。

ウィルソン株を過ぎた辺りから、世界遺産に登録されている「世界遺産登録エリア」へ入ることになり、原生林が山を覆い尽くし、屋久島の自然を満喫できると思います。

今回、10月上旬の平日に訪れたため、登山者は少なくマイペースで歩けましたが、夏のシーズン中は階段の渋滞・トイレ待ち・写真待ち・すれ違い待ちなどが発生し、時間もかかると予想されます。せっかく、大自然を満喫できる場所なので、オンシーズンを少し避けて登山することをオススメします。

このエントリーをはてなブックマークに追加