縄文杉の登山ガイド

標高1300mの山岳に縄文時代から立っている国内最大の屋久杉

パソコン版・縄文杉を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・縄文杉を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

三代杉

2000年以上をかけて、三代にわたり、この場所で根付く巨大杉

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
2000年以上をかけて、三代にわたり、この場所で巨木となった三代杉の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
トロッコ道の脇に立っている三代杉

縄文杉へ向かうトロッコ道に立つ

三代杉。

幹の周囲は4mあり、木の根っこ部分は大きな空洞となっている三代杉

幹の周囲は4mあり

木の根っこ部分は大きな空洞。

見上げれば、葉の間から木が見える高さ38mの三代杉

見上げれば、葉の間から木が見える

高さ38mの巨木。

三代杉の近くにはトイレが完備されている貴重な場所

三代杉の近くには

トイレが完備されている貴重な場所。

コメント

トロッコ道のすぐ横に立っている高さ38m、周囲4mの三代杉。

倒木更新・切株更新と呼ばれる屋久島らしい生態系を象徴する杉となっています。

樹齢1200年だった一代目の倒木に、二代目が根を下ろし1000年間、木が育った後に伐採され、その切株を栄養源に現在の三代目が育っています。

三代目の推定樹齢は350年となり、1000年に届いていないため、こんなに大きくてもまだ屋久杉とは呼べません。

このエントリーをはてなブックマークに追加