宮之浦岳の登山ガイド

日本百名山の一つ、世界遺産に登録されている原生林の広がる名峰

パソコン版・宮之浦岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・宮之浦岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

宮之浦岳山頂

標高1936m、360度の大パノラマが広がる九州最高峰。

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
標高1936m、山頂から360度の景色が眺められる九州最高峰の宮之浦岳山頂の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
大きな岩に覆われる宮之浦岳の山頂

大きな岩に覆われる

宮之浦岳の山頂。

比較的、広いスペースがあり、ゆっくりと東シナ海の景色を眺められる宮之浦岳山頂

比較的、広いスペースがあり

360度、青い海の広がる景色。

宮之浦岳山頂に設置されている標高1934.99mの一等三角点

山頂に設置されている

標高1934.99mの一等三角点。

宮之浦岳山頂から見える縄文杉のある場所

北方向の景色。

矢印の辺りが縄文杉のある場所。

宮之浦岳山頂から眼下の海に浮かぶように見えるロケットの打上げで有名な種子島

眼下の海に見える

ロケットの打上げで有名な種子島。

宮之浦岳山頂から、はるか彼方で噴煙を上げる硫黄島と上下に分割される空気の層も印象的

はるか彼方で噴煙を上げる硫黄島。

上下に分割される空気の層も印象的。

コメント

日本百名山に選ばれ、九州の最高峰となっている標高1936mの宮之浦岳(みやのうらだけ)

宮之浦岳は屋久島のほぼ中央にあるため、山頂から眺める景色は海に浮かぶ島を象徴するような360度の絶景が眺められます。

尖った山頂なので、広いスペースまではありませんが、ゴツゴツした岩が椅子代わりとなり、お弁当を食べながら、ゆっくりと景色を楽しむことができました。

眼下に見える種子島を見ていると平坦な島で、一方、屋久島は標高2000m近くもあり、距離にして15kmしか離れていないのに、この違いが不思議に思いました。

なお、宮之浦岳の標高は、2001年に1935mから1936mへ変更されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加