全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 北海道 > 知床 > カムイワッカの滝
北海道 知床
2005年世界遺産に登録され、手つかずの自然が残る知床半島。

地図から選択
カムイワッカの滝
硫黄山を源流とする温泉の流れる珍しい滝。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

カムイワッカ カムイワッカの滝
木々が多い茂る森の中を流れる
カムイワッカの滝
カムイワッカの滝は、
温泉が流れる緩やかな川
知床・カムイワッカの滝 カムイワッカの滝 規制
靴を脱いで川の中を歩き、
上流の滝を目指す
現在は落石の危険があるため、
登れるのは100mほど
カムイワッカの滝 一の滝 カムイワッカの滝 難所
見学可能な範囲で一番大きな滝となる
一の滝
「一の滝」を登る姿。
ここが一番の難所。転落注意!
カムイワッカの滝入浴 カムイワッカの滝 温泉
かつて、滝壺の温泉に入れた頃の写真。
【2000年10月に撮影】
流れる水は温かく、湯煙が上がる滝壺。
【2000年10月に撮影】

  ■時間 −
  ■休み 秋期〜春期
  ■料金 無料

温泉が川の中を流れ、秘境温泉としても有名なカムイワッカの滝。
滝もありますが、ほとんどは川となっていて、靴を脱いで川の中を歩いて登っていくことが珍しいです。そのため、持参したサンダルに履き替えたり、裸足で登っている人もいますが、岩場のため、滑りやすいです。ポイントは水が流れている川の中の方が、滑りにくく、逆に露出している岩場を歩くのは避けましょう。現地ガイドさんが言っていましたが、意外と靴下をはいて歩くのが滑らないそうです。手荷物は少なめに、替えの靴下とタオルを持って行きましょう。あと、売店やロッカー等はなく、滝周辺は全く観光化されていません。
そして、一番残念なことは、落石の危険があるため、上流の滝へ行けなくなりました。そのため、現在は「一の滝」までの100mほどが登れるだけ。かつては、一の滝〜四の滝まで行くことができ、ワイルドな岩場を乗り越え、温かい温泉で満たされた滝壺に入浴してました。勿論、水深は深く足が届かないので泳いだり、泉質が強酸性のため目がヒリヒリしたことを良く覚えています。草津温泉みたいな泉質でした。そういうことで、2000年に訪れ、入浴した時の写真を2枚掲載しました。
今、行くことのできる唯一の「一の滝」は、水温が低く、とても入浴できる滝壺ではないため、昔のように秘湯とは言えないかもしれません。また、カムイワッカの滝は夏しか行くことができなくなっていたり、シャトルバスを使う必要があったり、何かと規制が多くなり、詳しくは地図の「マイカー規制」をクリックして見てください。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
知床観光船 オシンコシンの滝 フレペの滝 知床五湖 知床自然センター 道の駅「うとろ・シリエトク」 流氷 オロンコ岩 マイカー規制 知床トップページに戻る その他