全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 宮城県 > 牡鹿半島 > 黄金山神社
宮城県 牡鹿半島
20kmにわたり太平洋に突き出した、自然の豊かな半島。

地図から選択
黄金山神社
日本で初めて金が採掘されたことで建てられた神社。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

黄金山神社 黄金山神社の本堂
金華山の中腹に立つ
黄金山神社
黄金山神社の拝殿。奥が本殿。
左の常夜燈は日本三大燈籠の一つ
黄金山神社の恵比寿さん・大黒さん 黄金山神社の銭洗所
境内に祀られている金運の神様
恵比寿さんと大黒さん
金華山弁財天・銭洗所。
手持ちのお金を水で洗い、金運アップ
黄金山神社の鳥居 杉の参道
1889年に建てられた
明治時代の鳥居
樹齢数百年の木が立ち並ぶ、
杉の参道
ケヤキ お店
樹齢800年と言われている
御神木のケヤキ
境内にひっそりと立つお店。
ついつい入ってみたくなるレトロ感

  ■時間 −
  ■休み −
  ■料金 無料

【注意】2011年の震災により、境内のあらゆるものが倒壊し、現在も復旧中です。公式ホームページに震災直後から復旧作業の様子が掲載されていますので、「金華山黄金山神社」でネット検索して見てみて下さい。また、上記の写真の中で、「明治時代の鳥居」を掲載していますが、この地震によって倒壊し、もうその姿を見ることが出来なくなっているようです。

1200年以上の歴史がある黄金山神社。
この地方で、日本初となる金が産出したことで立てられた神社。実際に、金が出たのは金華山ではなく、涌谷のようです。そのようなことで、お金の神様・弁財天が祀られ、銭洗もありました。
黄金山神社と縁起の良い名前から、金運や開運の神として信仰され、3年続けて参ると一生お金に困らないと言われています。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
御番所公園 展望台 金華山 観光船 おしかホエールランド 鮎川港 牡鹿半島のトップページに戻る その他