全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 宮城県 > 牡鹿半島 > 観光船
宮城県 牡鹿半島
20kmにわたり太平洋に突き出した、自然の豊かな半島。

地図から選択
観光船
乗船時間20分、鮎川港と金華山を結ぶ定期観光船。
金華山の観光船
【写真】クリックすると拡大表示できます
      
金華山の船 金華山の景色
定期便として運行されている
定員72名の観光船「ドリーム」
鮎川港を出発し、15分もすると見える
目的地の金華山
金華山とカモメ カモメ
この観光船の特徴として、
船の屋上がオープンデッキ
エサやりをすると次々と
やってくるカモメ。超至近距離!

  ■時間 −
  ■休み −
  ■料金 往復:大人2500円、小学生1250円

【注意】2011年の震災により、会社事務所などが失われ、営業できない状態が続いていましたが、観光船の運航が再開されたようです。料金も出航時間もガラリと変わってしまい、詳細がよく分からないため、「シードリーム金華山汽船」「金華山観光クルーズ」でネット検索するか、必ず問い合わせをしてから出かけるようにしましょう。

金華山へ行っている観光船は、大きさや料金で数種類あるようです。
この日、利用したのは、写真に掲載した「ドリーム」と言う観光船です。72人乗りの船ですが、屋上がオープンデッキとなっていて、遮るものは何もなく、あるのはベンチと手すりだけ。今まで、いろいろな遊覧船や観光船に乗ってきましたが、開放感No.1でした。しかも、エサを求めてやってくるカモメが、手が届くほどの距離を飛んでいて、羽毛もハッキリ見えるほど。ちなみに、カモメのエサは、お土産屋で販売してます。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
御番所公園 展望台 金華山 黄金山神社 おしかホエールランド 鮎川港 牡鹿半島のトップページに戻る その他