全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 宮城県 > 松島 > マリンピア松島水族館
宮城県 松島
大小260の島々が浮かぶ、日本三景の一つ。

地図から選択
マリンピア松島水族館
【閉館】300種4000点の魚が飼育される長い歴史のある水族館。
マリンピア松島水族館
【写真】クリックすると拡大表示できます
     
松島水族館 サンゴ礁
老朽化により、閉館が決定した
マリンピア松島水族館
ツノダシやソラスズメダイの泳ぐ
サンゴ水槽
マンボウ メガネカイマン
のんびりと泳ぐマンボウ。
1億以上の卵を生むことで有名
水族館ではあまり見かけないワニ。
写真はメガネカイマン
ペンギン ラッコ
スイスイと泳ぎ回る
フンボルトペンギン
貝を食べた後は、
貝殻をバケツまで運ぶラッコ
バイカルアザラシ イロワケイルカ
世界で唯一、淡水に住んでいる
バイカルアザラシ。エサの時間
輪やボールで遊ぶ
イロワケイルカ
マリンピア松島水族館アシカショー アシカ
1日5回開催される
アシカショー
水上ジャンプなど
様々な芸を披露するアシカ

  ■時間 
  ■休み 
  ■料金 閉館しました 

駅や遊覧船乗り場からも近く、家族連れも多い松島水族館。
その歴史は古く、1927年の開園。80年以上も過ぎ、国内では2番目に古い水族館だそうです。
館内は、ペンギンやラッコ、アザラシ、マンボウ、クラゲなど人気ものの動物や魚も飼育されています。水族館で一番大きなアトラクションがアシカショー。身体測定をしたり、ジャンプしたり、なかなか面白いショーでした。プールが小さい分、間近で見れるところも良かったです。
写真も掲載した白黒のイロワケイルカ。人なつこく、好奇心旺盛なのか人に近づいてきたり、輪やボールで遊んでいたり、眺めているだけで癒される光景でした。日本で最初のイロワケイルカの繁殖に成功したのも、この水族館だそうです。
【閉館】老朽化と東日本大震災の影響により、2015年5月10日に閉館しました。かつて営業していた頃の様子が分かるように、このページはこのまま、残しておきます。なお、魚たちは新しくオープンした「仙台うみの杜水族館」へ移されました。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
遊覧船 瑞巌寺 観瀾亭 五大堂 福浦島 雄島 円通院 松島海岸駅 伊達政宗歴史館 松島さかな市場 松島トップページに戻る その他