全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 宮城県 > 白石 > 白石城
宮城県 白石
江戸時代、仙台藩の南の要所として栄えた城下町。

地図から選択
白石城
1592年頃に築城された、仙台藩伊達氏の重要な支城の一つ。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

白石城 白石城の天守閣
白石市のシンボルとなっている
白石城
1995年に木造で再建された
三階櫓の天守閣
白石城の復元 白石城の最上階
たくさんの木材を使い、
復元された天守閣の内部
天守閣の最上階。
大きな梁に使われている木はマツ
石落とし 城の壁
城の石垣を登ってくる敵を目掛けて
石を落として応戦する「石落とし」
何層にも塗られている城の壁。
観光用にスケルトンで断面を展示
天守閣からの景色 白石城からの景色
高さ16.7m、
天守閣最上階からの眺め
JR白石駅方向の景色。
写真右の建物は、大手門
白石城の大手門 白石城の石垣
天守閣と同様に復元された
大手門
築城当時の大石が残っている石垣
(天守閣入口の右側)

  ■時間 9:00〜17:00(4〜10月)、9:00〜16:00(11〜3月)
  ■休み 12/28〜31
  ■料金 大人300円、小人150円

1602年、伊達氏家臣の片倉小十郎が入城し、その後、大改修を行った白石城。
260年間、片倉氏の居城となったが、1874年に民間へ売却されたことにより、解体され廃城となる。そして、1995年、天守閣と大手門が120年ぶりに復元されました。木造建築による復元は珍しく、規模も日本最大級。
実際に、天守閣へ入ってみると、木の暖かみが現存天守と違っていました。新築ならではの、木目の綺麗な城で、400年前、築城当時もこんな光景だったのかと思うと、少し感動でした。現存天守は、何百年も守り抜かれた建物を実際に見ることができる点が素晴らしいのですが、たまには、白石城のような新築のお城を見るのも良いですね。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
白石城歴史探訪ミュージアム 武家屋敷 壽丸屋敷 蔵王酒造 うーめん番所 佐藤清治製麺 白石駅 白石蔵王駅 白石のトップページに戻る その他