全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 秋田県 > 男鹿半島 > 男鹿水族館GAO
秋田県 男鹿半島
日本海が一望できる、美しい海岸線の続く半島。

地図から選択
男鹿水族館GAO
2004年にリニューアルオープンした水族館。
男鹿水族館
【写真】クリックすると拡大表示できます
      
男鹿水族館GAO 男鹿水族館の水槽
建て替えられ、
一新された男鹿水族館GAO
男鹿半島の海を再現した
高さ8mの巨大水槽
鰯の群れ サンゴ
丸い水槽の中を同じ方向に泳ぐ
イワシの群れ
色鮮やかな魚の泳ぐ
サンゴ水槽
ハタハタ ゴマフアザラシ
飼育が難しいため、展示が珍しい
ハタハタ
のんびりと眠そうに泳ぐ
ゴマフアザラシ
ホッキョクグマ ジェンツーペンギン
水族館の人気動物となっている
ホッキョクグマ
水に入ろうか迷っている
ジェンツーペンギン
ナマコやヒトデ 3Dシアター
ナマコやヒトデに触れる
磯の生き物タッチプール
自分で魚を動かすこともできる
ゲーム感覚の3Dシアター

  ■時間 9:00〜17:00(冬期16:00まで)
  ■休み 無休(年に数日間、不定休あり)
  ■料金 大人1000円、小中学生400円

古い建物は解体され、新しく建てられ、2004年7月にオープンした男鹿水族館。
入ってすぐの所にある巨大水槽は、長さ15mあり、水量は800トンにもなるそうです。一部がトンネルになっていて、頭の上を魚が泳ぐ姿は、海中散歩しているカンジでした。ゴマフアザラシやペンギンから、人気動物となっているホッキョクグマまで見ることができます。
入口から1階、2階、3階と上りながら、魚を見て歩くスタイルで、一方通行。最後の3階まで行くと、出口なので、もう少し見たい場合は、エレベータで1階に下りる必要があります。大きなショーはありませんが、ホッキョクグマなどのエサやりタイムがあるので、事前に時間は要チェックです。あと、夕方に入館すると料金少し安くなります。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
遊覧船 寒風山 入道崎 入道埼灯台 ゴジラ岩 八望台 なまはげ館 男鹿駅 おが潮風街道 男鹿半島のトップページに戻る その他