全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 山形県 > 山寺 > 山寺(立石寺)
山形県 山寺
山の上に寺が立つことで有名な東北地方を代表する霊場。

地図から選択
山寺(立石寺)
860年、円仁の創建と伝わる山の中腹にある寺。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

山寺の場所 山寺の境内
標高400m付近に立つ山寺(立石寺)。
矢印の所
建物やお堂がいくつも立ち並ぶ
山頂の境内
山寺の奥の院 山寺の大仏殿
釈迦如来と多宝如来を本尊とする
奥の院
高さ5mの阿弥陀如来像が安置される
大仏殿
山寺の三重の塔 山寺の納経堂
国の重要文化財にしているされている
三重小塔(三重の塔)
山内で最も古い建物とされる
写経を収める納経堂
山寺からの景色 山寺のポスト
何と、ポストまでもあり投函OK。
絵入り記念ハガキも販売中
断崖絶壁に突き出すように立つ
山寺の五大堂
山寺からの景色 山寺のポスト
五大堂からは絶景が眺められる
ビューポイント
南方向が一望でき、
眼下に広がる景色や山が綺麗

  ■時間 8:00〜17:00
  ■休み 無休
  ■料金 高校生以上300円、中学生200円、小学生以下100円

比叡山延暦寺の円仁(慈覚大師)の創建と言われている山寺。
正式には立石寺(りっしゃくじ)と言い、山麓の登山口から石段を800段あまり登った所にあります。そのため、山頂に着いた瞬間には達成感もあり、眼下に広がる景色も綺麗です。なお、地図に書かれているお堂でも、近寄ることも出来ない立入禁止となっている場所もありました。
また、見どころの一つが、五大明王を祀り、世の中の平和を祈って建てられた五大堂。断崖で見晴らしの良い場所にあるため、長い石段を登ってきて、その疲れを少しは癒してくれる景色でした。この日は天気が良く、標高が360mほどあるので周りの山が綺麗に見えました。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
参道石段 根本中堂 宝物殿 門前通り 山寺芭蕉記念館 山寺後藤美術館 山寺風雅の国 山寺駅 山寺トップページに戻る その他