全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 福島県 > 会津若松 > 白虎隊自決の地
福島県 会津若松
歴史と文化が今に残る、東北随一と呼ばれた城下町。
地図から選択
白虎隊自決の地
白虎隊十九士が自決し、今も眠る飯盛山。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

飯盛山 白虎隊自刃の地
お土産屋の先、石段の続く
飯盛山
飯盛山の石段を上がった所にある
白虎隊自刃の地
白虎隊の墓 白虎隊自決の地
山の中腹に築かれている
白虎隊十九士の墓
密かに埋葬された歴史のある
白虎隊の墓について
白虎隊 飯盛山と鶴ヶ城
遠くを望む、白虎隊石像。
その先に見えるのは鶴ヶ城
白虎隊が見たであろう、
鶴ヶ城の景色。矢印が天守閣

  ■時間 −
  ■休み −
  ■料金 無料

1868年、戊辰戦争が勃発し、鶴ヶ城を死守すべく戦うこととなった会津藩。その時、10代の若者を集め、白虎隊を結成、戦うことになった。しかし、前線や防衛拠点などへ投入されるが焼け石に水、戦局は撤退を余儀なくされ、飯盛山へ逃げ延びた。そこで、白虎隊が見た光景は守るべく鶴ヶ城の炎上。落城したものと思い、若い20人が自刃し、19人が死亡した。実際には、他の建物が燃えていて、天守閣は炎上してなく、落城もなかったため、誤認だった。
石段を上がった小高い場所に、ひっそりとお墓や慰霊碑が立てられ、眼下には市内や鶴ヶ城が見渡せます。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
鶴ヶ城 茶室・麟閣 白虎隊記念館 さざえ堂 御薬園 会津酒造歴史館 福島県立博物館 会津武家屋敷 会津若松駅 会津駄菓子資料館 会津まつり 石部桜 会津若松のトップページに戻る その他