全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 東京都 > 皇居 > 江戸城跡
東京都 皇居
広場や公園として整備された、かつて江戸城のあった場所。

地図から選択
江戸城跡
徳川家康・秀忠・家光によって築城された日本最大の城。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

江戸城の本丸 江戸城の天守台
火事によって焼失し天守台のみ
残っている江戸城跡
天守台の上からの眺め。
遠くには、丸の内のビル群が並ぶ
江戸城の大手門 江戸城の石垣
当時、江戸城の正門だった
大手門
2005年から2年をかけて
修復工事の行われた石垣
江戸城の富士見櫓 百人番所
天守閣が焼失後、天守の代わりとして
使用された富士見櫓
警備のため100人が詰めていた百人番所。
戦火を逃れ、現存する貴重な建物
江戸城本丸からの景色 三の丸尚蔵館
本丸の隅の方にある石室(いしむろ)。
非常時、大奥の家具などを避難
宮内庁の持つ絵画などを展示する
三の丸尚蔵館。入館無料
江戸城二の丸 ヒレナガニシキゴイ
皇居東御苑として一般公開されている
江戸城二の丸
二の丸の庭園で優雅に泳ぐ、
金魚のような尾を持つヒレナガニシキゴイ

  ■時間 9:00〜16:00(3〜10月)、9:00〜15:30(11〜2月)
  ■休み 月・金曜日、年末年始
  ■料金 無料

広い敷地を持つ江戸城跡、現在、芝生広場と舗装道路が整備されていて、百人番所、同心番所、桜田二重櫓など現存する建物も含めて、随所に歴史遺産が残っています。
その中心は、何と言っても江戸城の天守台。この上に立っていた天守閣は、1657年に火事で焼失。その後、再建されることはなく、石垣部分だけが残り、歩いて上に登れますが、とにかく巨大。ビックリしました。大阪城や姫路城の2倍の規模を誇り、天守閣の高さは60m、日本で最大の木造建造物だったようです。
そして、本丸の東側に位置する二の丸は、広い庭園となっています。たくさんの木々が植えられ、池があり、遊歩道が張り巡らされているため、散歩気分で歩くのにピッタリの場所です。その中に、47都道府県の代表的な木が植えてあり、1本1本見て歩き、結構、面白かったです。たとえば、山形県のサクランボは春に花を咲かせ実を付けるようです。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
皇居外苑 二重橋 国会議事堂 丸の内 北の丸公園 東京国立近代美術館 科学技術館 東京国立近代美術館・工芸館 皇居のトップページに戻る その他