全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 群馬県 > 尾瀬 > 尾瀬沼
群馬県 尾瀬
標高1400mの高地に広がる、特別天然記念物の大湿原。

地図から選択
尾瀬沼
燧ヶ岳の崩落によって形成された、周囲8kmの沼。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

尾瀬沼と燧ヶ岳 尾瀬沼山荘
燧ヶ岳の下に広がる
静かな水面の尾瀬沼
収容人数50名の山小屋
「尾瀬沼山荘」
尾瀬沼の風景 尾瀬沼 沼尻の休憩所
尾瀬沼の北側にある
「沼尻」の風景
「沼尻」には、休憩所とトイレがあり、
足を休めるには最適な場所
尾瀬沼の遊歩道 尾瀬沼について
尾瀬沼の周囲は遊歩道が整備され、
一周2時間30分ほど
多くの水生植物の見られる
尾瀬沼について

  ■時間 −
  ■休み −
  ■料金 −

大昔、燧ヶ岳の大崩落によって沼尻川がせき止められ、形成された尾瀬沼。
この場所は思った以上に標高が高く1670mもあり、尾瀬ヶ原の標高1400mに比べて270mも高いことになります。
今回は沼の西側ルートを歩いてみましたが、思っていたより景色を眺められる場所が少なく、湖面+燧ヶ岳を見るなら東側ルートの方が良いのかもしれません。「沼尻」は開放感もあり、尾瀬らしい景色が広がっていました。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
尾瀬ヶ原 遊歩道 登山道 鳩待峠 大清水 山ノ鼻 牛首 見晴 マイカー規制について 竜宮 尾瀬トップページに戻る その他