全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 新潟県 > 妙高山 > 登山道
新潟県 妙高山
標高2454m、美しい裾野を持つ日本百名山。

地図から選択
登山道 (登山口→天狗堂)
燕温泉から北地獄谷を登る定番の登山コース。
妙高山
【写真】クリックすると拡大表示できます
パノラマ写真  表示中(登山口→天狗堂) (天狗堂→山頂)
     
妙高山の登山口 妙高山の道路
燕温泉にある登山口。
ここから、妙高山の登山開始→
スタートしてからしばらくは、
舗装道路を歩く
妙高山の景色 妙高山の登山道
突然、目の前に現れる
妙高山の山頂→
その後、舗装道路から細い道に入り、
徐々に山らしい景色に変わる
妙高山の水場 妙高山の滝
しばらく歩くと、赤倉温泉の源泉に着く。
ここは湧水も出ている、うれしい水場→
この辺りから本格的な登山道に変わり、
前半の見どころでもある称明滝
妙高山の川 妙高山の温泉
滝を超え、沢沿いに進む
登山道→
温泉が含まれているため、
沢を流れる水は乳白色
妙高山・急坂 妙高山の天狗堂
さらに急坂が増え、かなりキツイ、
標高1800m付近→
そして、広いスペースの天狗堂に到着。
天狗堂→山頂に続く】

  ■時間 −
  ■休み −
  ■料金 −

燕温泉からスタートする燕登山道を登ってみました。
多分、一番、多く登られているルートだと思います。登山口から山頂まで、標高差1330m、距離5000m、時間にして4時間かかりました。
スタート直後の10分間、道が分かりづらかったです。道が2つあり、どちらを行けばよいのか最初、戸惑いましたが、とりあえず、露天風呂「黄金の湯」の方向ではなく、舗装道路を歩き、小さな看板を頼りに、なんとかクリアできました。地図で言うと、北地獄谷の川を挟んで2つのコースがあり、今回利用したのは左側コース。
スタートから40分ほどすると、赤倉温泉の源泉が見えてきます。こんな遠くから、温泉を引いているとは驚きでした。ここには、湧水がジャブジャブと出ていて、冷たく美味しかったです。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
妙高山山頂 登山口(燕温泉) 露天風呂 称明滝 長助池 燕新道 妙高山トップページ戻る その他