全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 新潟県 > 妙高山 > 燕新道
新潟県 妙高山
標高2454m、美しい裾野を持つ日本百名山。

地図から選択
燕新道
妙高山の北側を通っている登山道。
妙高山
【写真】クリックすると拡大表示できます
      
妙高山頂 燕新道
今回、下山で燕新道を利用。
山頂から燕温泉へ向けて下山開始→
スタートすると急な下り。
かなりの急勾配で、登る方は大変そう
妙高山の長助池分岐 燕新道の登山道
40分ほど下ると、
火打山方面と分かれる長助池分岐→
その後も木々に覆われる
急な下りは続く
妙高山休憩 草
そして、急に目の前が開け長助池に
たどり着く。休憩には最適な場所→
休憩後、下山をスタートするが、
草木で歩きにくい登山道
景色 妙高山の沢
黄金清水と言う水場で水分補給し、
そのあたりで見えた景色→
途中、小さな沢を超えるが橋はなく、
増水時は要注意
妙高山 吊り橋 妙高山の下山
長い登山道から抜け出ると景色は一変、
吊り橋のある、ゆるやかな遊歩道→
遊歩道を10分ほど歩くと
燕温泉に到着し、下山完了

  ■時間 −
  ■休み −
  ■料金 −

上りは燕登山道(北地獄谷方向)で登ったため、下山は違うルートを選び燕新道を利用しました。距離6800m、下山までの時間は3時間40分かかりました。
途中に、湿原の長助池があって、のんびりと休憩できて良かったのですが、燕温泉まで長かったです。しかも、草木が登山道を覆っている場所が何カ所もあり、手で避けながら進んだので、余計に疲れました。
最後の最後、吊り橋が出て来ると険しい道から、平坦な道に変わり、ホッとする瞬間でした。吊り橋の所に、有名な露天風呂「河原の湯」があるので、ひと汗流して帰るのも良いと思います。あと、日本の滝百選に選ばれている、落差80mの惣滝もあります。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
妙高山山頂 登山道(燕登山道) 登山口(燕温泉) 露天風呂 称明滝 長助池 妙高山トップページ戻る その他