全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 新潟県 > 新潟 > 新潟市水族館「マリンピア日本海」
新潟県 新潟
日本海の重要港として栄えてきた水の都。

地図から選択
新潟市水族館「マリンピア日本海」
450種・20000点の魚や水中生物が飼育されている水族館。
新潟水族館
【写真】クリックすると拡大表示できます
     
マリンピア日本海 サメ
トンネル水槽のある
新潟市水族館「マリンピア日本海」
サメも頭の上を通り過ぎる、
トンネル水槽から見た光景
イワシ チョウザメ
魚群になって水槽の中を泳ぐ
イワシの群れ
世界三大珍味のキャビアで有名な
チョウザメ
サンゴ タッチプール
色鮮やかな熱帯魚の泳ぐ
サンゴ水槽
ヒトデやウニなど海の生き物に触れる
タッチプール
マリンピア日本海のイルカプール イルカショー
水族館で一番人気の
イルカショー
水しぶきも飛び散る
息の合った大ジャンプ
ラッコ フンボルトペンギン
1日に3回、見ることのできる
ラッコの食事タイム
歩いている姿の可愛い
フンボルトペンギン

  ■時間 9:00〜17:00 (季節変動あり)
  ■休み 12/29〜1/1、3月に数日間
  ■料金 大人1500円、小人600円、幼児200円

日本海の見える海岸線の新潟市水族館「マリンピア日本海」。
館内で一番大きい水槽が、水量800トンの日本海大水槽。トンネルになっているので、上を向けば魚のお腹も見え、海中を歩いている感覚になれます。特に、イワシが群れになって泳いでいる姿は必見。
マリンピア日本海のショータイムは、3つあり、イルカショー・トドの食事タイム・ラッコの食事タイム。開かれる回数は決まっているので、入館したらショーの時間をまずチェックしましょう。
一番の見どころはイルカショー。4頭のバンドウイルカがボールや輪を運んだり、大ジャンプを決めたり、ダイナミックなショーでした。もちろん、前席は水が飛んでくるので、水しぶき注意です。プールの前面が透明なアクリル板になっているため、ジャンプする前にスゴイ勢いで泳ぐイルカの姿を見ることもできます。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
NEXT21展望台 日本海タワー どっぺり坂 西海岸公園 新潟市美術館 燕喜館 新潟県政記念館 会津八一記念館 新潟のトップページに戻る その他