全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 福井県 > 永平寺 > 永平寺
福井県 永平寺
曹洞宗大本山永平寺の門前町、宿場町として栄えた場所。
地図から選択
永平寺
1244年、道元禅師が修行道場として創建したお寺。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

永平寺の山門 永平寺の四天王
永平寺で一番古い建物となる
1749年築の山門
山門に祀られている
守護神・四天王
永平寺の中雀門 永平寺の仏殿
山門から見た中雀門。
静寂に包まれる光景
左が中雀門。右は、過去・現在・未来を
表わす三仏が安置された仏殿
永平寺の法堂 永平寺の唐門
永平寺で一番奥にある法堂。
景色を眺められる場所
大杉の中でひっそりと立つ
気品ある唐門。1839年築
永平寺の廊下 永平寺の階段
広い永平寺の建物内は
廊下を歩いて見学するスタイル
山の上にある法堂へ続く、
上り階段
永平寺の大すりこぎ 永平寺の注意事項
建物の基礎を固めるために使用した
「大すりこぎ」を廊下に展示
永平寺の拝観マナー。
撮影には、注意をして下さい

  ■時間 8:00〜16:30(季節変動あり)
  ■休み 無休
  ■料金 一般・高校生500円、小中学生200円

樹齢700年の杉に囲まれ、まさに静寂で、神聖な霊域となっている永平寺。
永平寺には七堂伽藍と呼ばれる建物があり、山門、仏殿、僧堂、庫院、東司、浴室、法堂。中でも山門は境内最古の建物のようで、完成から250年が過ぎています。
拝観料を払って境内に入ると、その広さにビックリ。靴をビニール袋に入れて待ち、廊下や階段を歩きながら見学します。全て建物内を歩くことになり、修行僧の方にすれ違ったりして、気が引き締まる感覚でした。
あと、写真にも掲載した唐門は、お寺の外からしか見ることができません。場所は、拝観入口の右側、少し離れたところで、知らないと気がつかないです。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
愛宕山公園 門前町 永平寺のトップページに戻る その他