全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 愛知県 > 名古屋港 > 南極観測船ふじ
愛知県 名古屋港
開港100年を迎え、公園や施設の充実したベイエリア。

地図から選択
南極観測船ふじ
現役を退き、「南極の博物館」としてオープンした砕氷船。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

南極観測船ふじ 南極観測船ふじの全景
1965年から18年間に渡り、南極を往復し、
総航行距離は地球17周
全長100m、後方は甲板になっていて、
ヘリコプターを3機を搭載
南極観測船ふじのブリッジ 南極観測船ふじの館内風景
レーダーや観測モニタ、舵、
艦長席などのあるブリッジ
8帖の広さに、ベット2つ、
机やロッカーの備わった第13士官室
南極観測船ふじのベッド 調理場
この光景にはビックリ!
一般乗組員105人分の三段ベット
乗員230人分の食事を作っていた調理場。
人形も献立も結構リアル!
南極の氷 南極の石
南極の昭和基地近くで採取された氷。
空気を含んでいるため、見た目は白色
こちらも貴重な南極の石。
石英や長石が主成分

  ■時間 9:30〜17:00
  ■休み 月曜日(祝日の場合は翌日)
  ■料金 大人・高校生300円、小中学生200円

現役を引退し、1985年から名古屋港で一般公開されている観測船ふじ。
このような特殊な船は、見学していても面白いです。分厚い氷を船の重みで割りますが、船首の重量だけでは足りず、燃料まで利用しているとは驚きました。船体の前後左右に大型タンクが設置されていて、ポンプで燃料を移動させ、重量をかけたり、船を傾かせて航行するようです。
引退後は、排水量が2倍となった「しらせ」に南極任務を譲り、その「しらせ」も老朽化し、現在、最新式の南極観測船「二代目しらせ」が2009年から観測を行っています。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
名古屋港水族館 名古屋港ポートビル展望室 名古屋海洋博物館 イタリア村(閉園) ガーデンふ頭臨港緑園 名古屋港シートレインランド 水族館南側緑地 名古屋港駅 ポートブリッジ JETTY(ジェティ) 名古屋港トップページに戻る その他