全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 愛知県 > 犬山 > 犬山城
愛知県 犬山
城下町として栄え、今も江戸時代の情緒が残る町並み。

地図から選択
犬山城
1537年に築城、国宝に指定される既存のお城。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

犬山城の天守閣 犬山城の櫓
石垣が5m、天守が19m
全体の高さ24mの犬山城の天守閣
天守閣から飛び出すように
建てられている「付け櫓」
犬山城 武具の間 犬山城 武者かくしの間
広さ144帖、武士の武器を
常備していた「武具の間」
城主を守るため、武士が隠れていた
武者かくしの間
犬山城の石垣 犬山城の梁
入口を入って、目にする地下一階。
自然石を使った野面積と呼ばれる石垣
石垣の上にある巨大な木。
ノミ跡が美しく、ウロコのよう模様
犬山城の大杉 犬山城からの眺め
築城当時からあったとされる大杉。
樹齢650年、今は枯れた姿
高さ24mの天守閣最上階から眺める
犬山の町並み
犬山城から見る木曽川 木曽川の古い写真
天守閣から見た東方向の景色。
優雅に流れる木曽川
左の写真と同じ方角、
1924年に撮影された貴重な写真

  ■時間 9:00〜17:00 (入城は16:30まで)
  ■休み 無休
  ■料金 大人500円、小中学生100円

1537年、織田信長の叔父「織田信康」が築城し、様々な時代を乗り越え、現存する天守閣の犬山城。
国宝に指定され、彦根城、姫路城、松本城を加えて、四大国宝城とも呼ばれています。天守閣入口を入った所が、掲載したような地下のため、石垣や床板などが見え、最初から驚くばかりの光景でした。やはり、柱や梁などの木の変色は、400年以上の年月を実感でき、何度見ても、既存する天守閣は感動です。
天守閣からの眺めはとても良く、転落防止ネットなどがなく、手すりがあるのみなので開放感は最高です。しかも、最上階は、歩いて一周できるようになっているので、360度の大展望、まさにお殿様気分。視界が良いと、御在所岳や御嶽山なども見えるそうです。
あと、犬山城のチケットには、「文化史料館」と「からくり展示館」の入館料も含まれています。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
有楽苑 三光稲荷神社 針綱神社 犬山市文化史料館 からくり展示館 旧磯部邸住宅 どんでん館 本町通り 観光案内所 木曽川 犬山トップページに戻る その他