全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 愛知県 > 岡崎 > 八丁味噌「カクキュー」
愛知県 岡崎
城下町や宿場町として栄えた、徳川家康生誕の地。

地図から選択
八丁味噌「カクキュー」
1645年創業、大豆のみを使って造られる八丁味噌の蔵元。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

八丁味噌「カクキュー」 八丁味噌 工場見学
300年以上の歴史がある
八丁味噌カクキュー
味噌を製造する工場内を見て歩く
無料見学ツアー
味噌桶 カクキュー工場見学
大豆を2年間、熟成させる巨大な味噌桶。
中に入っている大豆の量は重さ6トン
桶の上に並べてある重しの石は
矢作川で取ってきたもの。重量3トン
味噌蔵 八丁味噌の資料館
1907年建築の旧味噌蔵。登録文化財に
指定され、現在は資料館として使用
資料館の中は、昔の味噌仕込みを
再現した展示スペース
八丁味噌の試食 八丁味噌ソフトクリーム
工場見学終了後は、八丁味噌を試食。
しかも、味噌のお土産付き
味噌が練り込んである
八丁味噌ソフトクリーム。\300

  ■時間 9:00〜17:00(工場見学)
  ■休み −
  ■料金 無料

岡崎城から西に八丁(約870m)の所にあった八丁村で造られていたため、八丁味噌と呼ばれ、味噌カツや味噌煮込うどんと同様に有名な味噌。
工場見学ができると聞き、行ってみましたが、面白い所でした。大豆を入れ、石を乗せている味噌桶は合計10トンの重さがあり、圧倒される光景でした。ちなみに、この巨大な味噌桶、製造費1個300万円。
見学は、受付で名前を書くだけの手軽さで、ガイド付きの30〜40分コース。NHK連続テレビ小説「純情きらり」の撮影も行われたため、その裏話もいろいろと聞けました。最後には、八丁味噌の試食もあり、初めて食べてみましたが、感想は衝撃的な味でした。赤だしの手みやげを頂いたり、お土産屋もあったりと、なかなか充実していて、楽しめる工場見学でした。
是非、一度行ってみて下さい。オススメの場所です。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
岡崎城 岡崎公園 龍城神社 能楽堂 三河武士のやかた家康館 中岡崎駅 岡崎公園前駅 八丁蔵通り 岡崎のトップページに戻る その他