全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 鳥取県 > 大山 > 登山道
鳥取県 大山
日本百名山。最高峰1729m、中国地方で一番高い山。

地図から選択
登山道 (登山口→七合目)
大山登山の定番となっている夏山コースの紹介。
大山の風景
【写真】クリックすると拡大表示できます
パノラマ写真  表示中(登山口→七合目) (七合目→山頂)
     
大山の登山口 大山の登山道
標高780mにある登山口。
1710mの山頂を目指してスタート→
スタートして、しばらくは
登りやすい登山道が続く
大山の階段 大山の五合目
楽だったのは最初だけで
その後は、果てしなく続く木階段→
標高は、ドンドンと上がり
一つの区切り目、五合目
大山の分岐点 大山の残雪
その後、出てきた「元谷」方向へ行く
行者コースの分岐点→
勾配は更にキツクなり、
追い打ちをかけるような残雪
雪の山 大山の避難小屋
残雪は登山道を覆ってしまい、
雪遊びをする子供の姿も・・・→
雪で埋もれている
6合目の避難小屋
大山から見る景色 大山の七合目
この辺りで後を振り返ると見える
日本海まで続く絶景→
標高1400mを越え七合目に到着。
【続きは、七合目→頂上

  ■時間 −
  ■休み −
  ■料金 −

大山登山をする場合、ほとんどの人が利用する夏山コース。ベテランの方から初心者まで、ファミリー、学生など様々な人が登っています。山頂までは、標高差930m、距離3000m、時間にして2時間ほどの上り。
実際に登ってみると、登山口から山頂まで、ずっと上りが続き、平坦な道すらありません。ガンガン登るタイプの山。特に、4合目〜8合目は急勾配の連続で、かなりツライです。
5合目あたりから、眼下に広がる景色が見えるようになり、休憩していても気持ちが良いです。日本海まで続く絶景・・・。視界の良い、晴天の日を選んで登る価値あります!
今回、訪れたのは、5月のGWでしたが、残雪がありました。あの急勾配に雪が積もっているので、慣れない雪の下山に苦労する人、多発でした。悲鳴を上げて転げる人、滑って止まらない人、子供達は季節外れの雪遊び・・・。ファミリーの方も多く、久しぶりに山で見る、ほのぼのした光景でした。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
大山情報館 鳥取県立大山自然歴史館 大神山神社奥宮 大山寺 キャラボク林 大山まきば「みるくの里」 桝水高原 元谷の大えん堤 弥山 八合目 大山のトップページに戻る その他