全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 山口県 > > 伊藤博文旧宅
山口県 萩
城下町として歴史を持ち、その古い町並みは国の史跡に指定。
地図から選択
伊藤博文旧宅
伊藤博文が14歳から28歳まで、暮らしていた家。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

伊藤博文旧宅 初代内閣総理大臣 伊藤博文について
伊藤博文が14年間住んでいた家。
トイレとお風呂は外にありました
1885年、初代内閣総理大臣を
務めた伊藤博文について
東京都品川区大井山から移築した伊藤博文別邸 伊藤博文の住んでいた別邸
隣には東京に建てた別邸があり、
現在の品川区大井山から移築→
家の中は大変広く、庭もあり、
東京から移築したとは思えませんでした
田園風景の見える小高い上に立地 旧千円札の肖像、伊藤博文
2階に上がってみると、このような
のどかな田園風景が見えます
旧千円札の肖像としても有名。
久しぶりに旧札を見ました。

  ■時間 9:00〜17:00
  ■休み なし
  ■料金 無料

松陰神社から歩くこと3分。田園風景の広がる少し高いところにありました。
ここには、伊藤博文が28歳まで住んでいた旧宅と東京に建てた別邸の両方が建てられています。旧宅は外観を見るだけですが、別邸は家の中に入ることができ、かなり広いと思いました。説明を見ると、これでも玄関、大広間、離れのみを東京から移したようです。別邸は1907年に建てられたようなので、築100年。初代内閣総理大臣が住んでいた家。松陰神社と一緒に是非、立ち寄ってみてください。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
萩城跡 萩史料館 萩八景遊覧船 菊ヶ浜 萩博物館 堀内鍵曲 武家屋敷長屋 菊屋横丁 江戸屋横丁 JR東萩駅前 松陰神社 郡司鋳造所遺構広場 おみやげ屋 浜崎の町家 旧久保田家住宅 萩トップページに戻る その他