全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 高知県 > 高知 > はりまや橋
高知県 高知
路面電車が市内を行き交う、土佐藩の城下町として栄えた都市。

地図から選択
はりまや橋
高知市内の観光名所となっている小さな橋。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

はりまや橋 高知はりまや橋
江戸時代が橋の起源と言われている
はりまや橋
朱色の美しい
全長10mほどの橋
はりまや橋の地下 はりまや橋の由来
はりまや橋の下にある地下道。
橋に関する展示コーナー
商人によって橋が架けられた
はりまや橋の由来について
国道32号線 からくり時計
はりまや橋の横は、路面電車の走る
国道32号線
道路を挟んで反対側のビルにある
からくり時計

  ■時間 −
  ■休み −
  ■料金 −

はりまや橋の起源は江戸時代まで坂のぼり、当時、堀を挟んで隣り合う商人が、お互い行き来しやすいように橋を架けたのが始まりと言われています。
昔、初めて、はりまや橋を訪れた時は、「えぇ!? これだけ!?」と言葉が出るくらい期待外れだったことを覚えています。現在は、国道やビルの間に、ひっそりと橋があることは変わりありませんが、木造の橋があり、周りは公園や小川、からくり時計など綺麗に整備されています。
知らないと見落としそうになるのが地下通路で、下町絵巻や出土品など、はりまや橋に関する資料やよさこい祭りの紹介を行う展示スペースとなっています。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
高知城 高知県立文学館 高知駅 坂本龍馬誕生地 旧山内家下屋敷長屋 寺田寅彦記念館 大川筋武家屋敷資料館 高知のトップページに戻る その他