全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 長崎県 > 九十九島 > 亜熱帯動植物園
長崎県 九十九島
大小208の島々が集まる、日本最西端の国立公園。

地図から選択
亜熱帯動植物園
広い園内に、動物や鳥、植物、花々など多数展示。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

亜熱帯動植物園 レッサーパンダ
たくさんの動植物が見られる
佐世保市亜熱帯動植物園
園内の人気No1
レッサーパンダ
ゾウ ツキノワグマ
飼育員とトレーニングを披露する
インドゾウ(アジアゾウ)
胸の白い模様が特徴の
ツキノワグマ
ライオン ペンギン
日陰でのんびりとくつろぐ
ライオン
泳ぎ回る姿が可愛い
フンボルトペンギン
バラ園 パパイヤ
たくさん花を付けるバラ園。
10月中旬に撮影
温室内で実を付けていた
パパイヤ

  ■時間 9:00〜17:15
  ■休み 年末年始
  ■料金 大人400円、小中学生100円、幼児無料

「いしだけ動植物園」と呼ばれ親しまれている佐世保市亜熱帯動植物園。
園内は広いです。甲子園球場2個分。見れる動物も多く、67種335点。植物は1200種21000点だそうです。
いろんなイベントも開催されていて、ゾウのトレーニング姿を見ることができるのも良かったです。ライオンやキリン、ペンギン、ニホンザルなどのエサやりタイムもあるため、入園したら、まずイベントの時間をチェックしましょう。あと、レッサーパンダが「風太くん」のように立ち上がる(夕方ころ)と書かれていました。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
遊覧船 九十九島水族館「海きらら」 展海峰 石岳展望台 船越展望台 西海パールシーリゾート 九十九島のトップページに戻る その他