全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 長崎県 > 普賢岳 > 登山道(妙見岳コース)
長崎県 普賢岳
噴火活動により、大きく変貌した雲仙岳の活火山。

地図から選択
登山道 (妙見岳コース)
妙見岳・国見岳方向から登る普賢岳の登山コース。
左から国見岳、普賢岳、平成新山
【写真】クリックすると拡大表示できます
      
ロープウェイ山頂駅 妙見岳
ロープウェイ山頂駅。
普賢岳山頂を目指し、登山スタート→
少し登ったところにある妙見神社。
登山の安全祈願!
普賢岳と平成新山 国見岳
目の前に現れる、雄大な景色。
手前が普賢岳、奥が平成新山→
その後、下り坂を進むと見えてくる
国見岳(標高1347m)
サワフタギ(沢蓋木) 登山道
春には白い花を咲かせ、秋には
青い実を付けるサワフタギ(沢蓋木)→
国見岳の分岐点を過ぎると、
急な下り坂に突入
紅葉茶屋 急坂
急な下りが終わると、紅葉茶屋。
アザミ谷コースとの合流地点→
ここからは岩がむき出しとなった
急坂の連続
山頂の岩場 普賢岳登頂
急坂を10分ほど登ると見えてくる
山頂の岩→
そして、普賢岳山頂に到着。
バックに見える平成新山が大きい!

  ■時間 −
  ■休み −
  ■料金 −

ロープウェイを利用して、標高1250mの山頂駅からスタートする登山コース。
普賢岳山頂までの高低差100m、距離2000m、時間にして45分〜1時間のコース。実際には、国見岳分岐から紅葉茶屋の間が、急な下り坂のため、高低差は合計200mと言ったところです。ちなみに、ロープウェイを使わなくても、駐車場から平行するように登山道があるので歩いて登れます。
ロープウェイ山頂駅から登山スタートすると、すぐに妙見神社の立つ、妙見岳山頂があり、ここから眺める平成新山と普賢岳が綺麗でした。その後、次のポイントとなる国見岳との分岐があり、ピストンで往復しても20分くらい。
このコースは、難所は特にないのですが、国見岳分岐からの急な下り、その後の急な上りがインパクトあるくらい。全体的に距離が短いこともあり、そんなにツライ登山にはならないと思います。なお、途中に、トイレや売店はありませんでした。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
普賢岳山頂 登山道(アザミ谷コース) 仁田峠 雲仙ロープウェイ 仁田峠循環道路 展望台 普賢岳のトップページに戻る その他