全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 長崎県 > 雲仙 > 旧大野木場小学校被災校舎
長崎県 雲仙
1990年、普賢岳が噴火し、大きな被害を受けた地域。

地図から選択
旧大野木場小学校被災校舎
普賢岳の噴火に伴い、大火砕流が発生し、焼失した小学校。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

旧大野木場小学校被災校舎 被災した小学校
後に、噴火した普賢岳が見える
旧大野木場小学校被災校舎
校内は立入禁止のため、
窓から廊下や教室を見学
窓サッシ 雲仙普賢岳の火砕流
高熱の火砕流が校舎を襲い、
無惨な姿となった窓サッシ
砂防みらい館に展示してあった写真。
小学校に迫る火砕流

  ■時間 −
  ■休み −
  ■料金 無料

1991年9月15日、大火砕流が発生し、小学校を含む153軒の建物が失われました。住民は全員避難していて、無事だったようです。その後、大野木場小学校は、自然災害の驚異を後生に伝えるため、補強工事などを行い、1999年に一般公開されました。
遠くから見ると、古い廃校のようにも見えますが、校内は様々なものが破壊され、変形、変色していて、火砕流のすさまじさを実感できます。
また、参考までに、同様の噴火被害にあった北海道の有珠山「金比羅火口災害遺構」にも被災した建物が保存されています。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
雲仙岳災害記念館 道の駅「みずなし本陣ふかえ」 砂防みらい館 深江埋蔵文化財・噴火災害資料館 平成新山ネイチャーセンター 雲仙地獄 雲仙お山の情報館 観光案内所 普賢岳の掲載ページへ移動 雲仙のトップページに戻る その他