全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 長崎県 > 雲仙 > 平成新山ネイチャーセンター
長崎県 雲仙
1990年、普賢岳が噴火し、大きな被害を受けた地域。

地図から選択
平成新山ネイチャーセンター
普賢岳の噴火跡や周辺の自然環境を紹介する施設。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

平成新山ネイチャーセンター 展示コーナー
2003年にオープンした
平成新山ネイチャーセンター
普賢岳の歴史や新しい平成新山を
解説する展示コーナー
平成新山 普賢岳と平成新山
展望台からの眺めが絶景。
目の前には、新しく誕生した平成新山
ガラスの案内板を通して見ると、
噴火前と現在の高低差が一目瞭然
平成新山の山頂 島原市内と海
平成新山の山頂を拡大。
ゴツゴツした岩が印象的
眼下に広がる東側の景色。
島原市内と海

  ■時間 9:00〜17:00(季節変動あり)
  ■休み 火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
  ■料金 無料

誕生してまだ新しい平成新山を眺められる平成新山ネイチャーセンター。普賢岳が噴火した時は、目の前に広がる垂木台地は焼け野原になったようですが、今は、緑が戻ってきています。その自然の修復がどのように行われていくのか、この施設のテーマにもなっているようです。
ここに来る一番のオススメが展望台。ドンとそびえ立つ平成新山が目の前に眺められます。粘り気が強い溶岩が盛り上がってできた溶岩ドームで、1996年に平成新山と命名されました。もう少し説明すると、噴火前この場所から見えていた普賢岳(標高1359m)は、噴火後、平成新山が徐々に盛り上がったために、隠れて見えなくなってしまいました。結局、平成新山は標高1483mまで高くなったため、最高峰となりました。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
雲仙岳災害記念館 道の駅「みずなし本陣ふかえ」 砂防みらい館 旧大野木場小学校被災校舎 深江埋蔵文化財・噴火災害資料館 雲仙地獄 雲仙お山の情報館 観光案内所 普賢岳の掲載ページへ移動 雲仙のトップページに戻る その他