全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 熊本県 > 熊本 > 熊本城
熊本県 熊本
城下町として栄え、現在は歴史的建造物や史跡が点在。

地図から選択
熊本城
日本三名城のひとつ、加藤清正によって建てられたお城。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

熊本城 熊本城の内部
1601年から7年の歳月を費やし
完成した熊本城
天守閣の1〜3階は、
貴重な資料を展示する博物館
熊本城の天守台 熊本市内
最上階が展望フロアーとなっている
天守閣
最上階からの景色。
ビルがたくさん立ち並ぶ熊本市内
熊本城の本丸御殿 本丸御殿の昭君之間
建設当時の資料をもとに再建された
熊本城・本丸御殿
大広間で最も格式の高い部屋
本丸御殿・昭君之間(しょうくんのま)
熊本城の宇土櫓 宇土櫓
地上5階建、創建当時のまま残る
唯一の建物「宇土櫓」
築400年、現存する貴重な宇土櫓。
国の重要文化財に指定
熊本城の不開門 熊本城の石垣
当時、閉鎖され使われることの少なかった
不開門(あかずのもん)。重要文化財指定
築城当時と増築時の2種類の石が
積まれる「二様の石垣」

  ■時間 8:30〜18:00(4〜10月)、8:30〜17:00(11〜3月)
  ■休み 年末年始
  ■料金 大人500円、小中学生200円

熊本市のシンボル的な存在の熊本城。
1601年、加藤清正により築城を開始し、天守閣をはじめ、櫓、櫓門、城門、本丸御殿など大規模なものとなり、その広さは東京ドーム21個分とも言われています。1871年の廃藩置県に至るまで細川家によって維持されていました。しかし、1877年の西南戦争によって天守閣を含む建物の大部分を焼失。現在の天守閣は、1960年に復元された建物で、内部は鉄筋コンクリート造り。
そして、2008年4月20日、待ちにまっていた本丸御殿が完成し、一般公開が始まりました。建設当時の資料や発掘調査を基に、柱一本一本まで忠実に復元を行い、130年ぶりによみがえった建物。
実際に見学してみると、柱や梁の太さ、金箔をあしらった部屋、木の香りが漂い、圧倒されるばかりでした。築城当時も、こんな豪華さだったのかと、改めて実感できる光景。写真も掲載した昭君之間の障壁画は中国の故事「王昭君」が描かれていて、その豪華さは、一見の価値あります。なお、本丸御殿の復元費用は54億円だそうです。
あと、天守閣や本丸御殿などが焼失した1877年の大火災で、風上に位置していたため、幸運にも焼け落ちなかった宇土櫓(うとやぐら)も必見。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
熊本城公園 旧細川刑部邸 夏目漱石内坪井旧居 伝統工芸館 熊本博物館 熊本県立美術館 こむらさき本店 熊本のトップページに戻る その他