全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 鹿児島県 > 縄文杉 > 縄文杉
鹿児島県 縄文杉
1966年に発見された、屋久島で一番大きい杉。

地図から選択
縄文杉
樹齢7200年とも言われる、世界最古の大杉。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

縄文杉の写真 縄文杉
屋久島の原生林に覆われた中にある
縄文杉
高さ25.3m、力強く立つ姿。
(クリックすると拡大表示)
縄文杉 縄文杉と展望台
幹の周囲16.4m、
10人が手をつなげられる程の大きさ
昔は木に触ることもできたが、
現在は展望台から眺めるのみ
折れた縄文杉 縄文杉の枝 展示
2005年12月、雪の重みで
枝が折れてしまう出来事発生。矢印の所
こちらが、折れた枝。重さは1.2トン。
屋久杉自然館で展示中
縄文杉のビューポイント 縄文杉の休憩所
縄文杉は展望台に座ったり、
寝転がったりして見るのがオススメ!
縄文杉から70mほど離れたところにある
休憩所。雨の日には重宝する建物

  ■時間 −
  ■休み −
  ■料金 −

推定樹齢3000年や7200年と言われている縄文杉。実際の所、正確な年代は分かってないようです。
4時間かけて行って、一目見た時は言葉にならないくらいの感動でした。とにかく、見たことのない木の太さに圧倒。直径は5mあり、だいたい畳12帖くらいの部屋の広さになるのではないでしょうか。屋久島へ行って良かったと思う瞬間でした。
昔は、木の近くへ行くことも出来たようですが、現在は展望台から眺めるのみ。現地ガイドさんが、絶景の見える方法を教えてくれました。展望台に「大の字」になって寝転がって縄文杉を見上げる方法。これが、予想以上に大迫力で縄文杉が眺められ、視点が少し変わるだけで、こんなに違うものなのかと感心しました。是非、この方法、試してみて下さい。オススメ!
ちなみに、樹齢1000年以上の杉が屋久杉と呼ばれていて、それ以下は小杉と呼ばれています。現在、屋久杉は天然記念物に指定されていて伐採は禁止されているため、トロッコで搬出されている屋久杉は、自然に倒れた木や昔に切り倒し放置されていた木だそうです。そのため、かなり貴重な木です。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
登山道 荒川登山口 大王杉 ウィルソン株 大株歩道入口 三代杉 小杉谷 縄文杉のトップページに戻る その他