全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 鹿児島県 > 開聞岳 > 登山道
鹿児島県 開聞岳
日本百名山の一つ、海に突き出た円錐形の美しい山。

地図から選択
登山道 (登山口→五合目)
山を回りながら登っていく、開聞岳登山の定番コース。
開聞岳の写真
【写真】クリックすると拡大表示できます
パノラマ写真  表示中(登山口→五合目) (五合目→山頂)
     
開聞岳の登山口 開聞岳
登山口となっている山麓の公園。
ここから山頂を目指して、登山スタート→
公園内を歩き始めると
目の前に見える開聞岳。高低差800m
車道 開聞岳り二合目
公園を抜けると
少しばかり急な舗装道路を歩く→
道路の突き当たりが
登山道の入口となっている二合目
開聞岳登山道 開聞岳の三合目
二合目からは
本格的な登山道がスタート→
木々に覆われ、
緩やかな上りが続く三合目
開聞岳の土 開聞岳の四合目
雨水で浸食され、粘土質の滑りやすい
場所もあり、注意が必要→
更に進むと四合目が現れる。
この辺りで標高450m
登山道からの景色 開聞岳登山
標高が500mを越えると見える
眼下の田園風景→
そして、五合目に到着。
五合目→山頂へ続く】

  ■時間 −
  ■休み −
  ■料金 −

開聞岳の北側にある「かいもん山麓ふれあい公園」から登り始め、山をらせん状に、一周するように登る珍しいコース。山頂まで、高低差800m、距離4000m、時間にして2時間〜2時間30分くらいです。
「かいもん山麓ふれあい公園」の駐車場から公園内のイベント広場を横切って行くのですが、そこの芝生と目の前に見える開聞岳がとても綺麗でした。登山前に、目指す山頂が見えると、気分も良く、気合いが入りますね。10分ほど、公園と車道を歩くと、登山道への入口となっている二合目があります。
ここから山頂までは、ずっと上り坂の連続。標高は、日本百名山の中では低い924mですが、登山口も低い位置なので、高低差は結構あります。しかも、四合目くらいから勾配が大きくなり、足元も悪くなってきます。なお、登山道の途中にトイレや売店はありませんでした。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
開聞岳山頂 登山口 五合目 御嶽神社 開聞岳トップページに戻る その他