全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 沖縄県 > 本部 > 今帰仁城跡
沖縄県 本部
かつて博覧会の開かれた、沖縄を代表する観光ポイント。

地図から選択
今帰仁城跡
1300年頃、築城されたと伝わる北山王の城跡。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

世界遺産の今帰仁城跡 今帰仁城跡
2000年、世界遺産に登録された
今帰仁城跡
現在、残っている城壁。
長さは1.5kmにもおよぶ
平朗門 今帰仁城跡の本丸
門の両脇に窓があり、
門番が見張りをしていた平朗門
城内で最も重要な建物が
立っていた城の主郭(本丸)
今帰仁城跡の展望台 今帰仁城村歴史センター
木が1本立つだけの高台。
海まで眺められ景気の良い展望台
料金に含まれている、歴史や出土品を
展示する今帰仁村歴史センター

  ■時間 9:00〜17:00
  ■休み 無休
  ■料金 大人400円、小中高校生300円

2000年11月、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録された今帰仁城跡(なきじんじょうあと)。
当時は、首里城に匹敵するほどの城が立っていたとも言われていますが、現在は、城壁や石門が残っているだけで建物はありません。山の高台に1.5kmにも及ぶ城壁が周囲を囲んでいる姿は、少しばかり万里の長城を想像させる光景でした。城壁には、琉球石灰岩と呼ばれる沖縄独特の石が使用されています。
今帰仁城跡を訪れるのは2度目ですが、2000年に訪れた時は入場料大人150円の安さで、駐車場周辺も現在のようなショップが立ち観光化もされてない、静かな場所だったと記憶しています。しかし、今帰仁城跡の景色は、沖縄の中でとても好きな場所です。
なお、拝観チケットには、歴史資料を展示する今帰仁城村歴史センターの入館も含まれているので、見ること忘れないようにしましょう。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
沖縄美ら海水族館 オキちゃん劇場 イルカラグーン マナティー館 海洋博公園 海洋文化館 おきなわ郷土村 熱帯ドリームセンター 蝶々園 ダチョウらんど 嵐山展望台 沖縄そば「きしもと食堂」 本部のトップページに戻る その他