全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
トップ > 沖縄県 > 知念岬 > 斎場御嶽
沖縄県 知念岬
コバルトブルーの美しい太平洋が一望できる景勝地。

地図から選択
斎場御嶽
世界遺産、琉球神話に登場する沖縄最高の聖地。
This content requires HTML5/CSS3, WebGL, or Adobe Flash Player Version 9 or higher.
【パノラマ写真】 画面をマウスや指で動かすと上下左右の360度が見れます

緑の館「セーファ」 斎場御嶽
展示施設・緑の館「セーファ」が入口の
斎場御嶽(せーふぁうたき)
斎場御嶽は緑に覆われ、写真は
火の神様を祀った寄満(ゆんいち)
斎場御嶽の木の根 沖縄戦の艦砲射撃
岩肌を太い木の根がはう
神秘的な場所
第二次世界大戦・沖縄戦の爪跡。
艦砲射撃によって空いた穴
三庫理(さんぐーい) 斎場御嶽の三庫理
斎場御嶽の一番奥に位置する
巨大な岩石の三庫理(さんぐーい)
鋭い三角形をした空間があり、
圧倒される光景
斎場御嶽の遙拝所 久高島(くだかじま)
三庫理の奥にある
久高島が望める遙拝所
木々の間から小さく見える
神の島と呼ばれる久高島(くだかじま)

  ■時間 8:00〜18:00(入場は17:30まで)
  ■休み 年末年始、年2回休息日
  ■料金 大人200円、小人100円

琉球の始祖「アマミキヨ」が造ったとされる聖地の斎場御嶽(せーふぁうたき)。
せーふぁ(セーファ)とは、最高の聖地を意味し、歴代の琉球国王も参詣し、様々な儀式も行われていました。
琉球王朝時代、男子禁制の場であったと伝えられ、国王ですら女装したと言われていますが、現在は誰でも訪れることができ、パワースポットとしても注目されています。神秘的な雰囲気が漂うオススメの観光スポットです。
あと、2013年より、環境や住民への配慮から、専用の駐車場が閉鎖となり、車で行くことができなくなりました。そのため、少し離れた、がんじゅう駅「南城」に停めて、歩くようになっています。入場チケットは、併設する南城市地域物産館で購入します。

全国の観光案内・登山ガイド「360@旅行ナビ」。パノラマ写真も掲載
斎場御嶽 知念岬公園 あざまサンサンビーチ グラスボート ペンション茶屋「海日和」 がんじゅう駅「南城」 コマカ無人島 知念岬のトップページに戻る その他