知床の観光ガイド

世界自然遺産に登録されている手つかずの大自然が残る半島

パソコン版・知床を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・知床を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

カムイワッカ湯の滝

硫黄山を源流とする温泉の流れる珍しい滝

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
硫黄山を源流とする温泉の流れる全国的にも珍しいカムイワッカ湯の滝の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
知床の秘境とも言える場所にあるカムイワッカ湯の滝

知床の秘境とも言える場所にある

カムイワッカ湯の滝。

温泉が水となって流れている全国的にも珍しいカムイワッカ湯の滝

温泉が水となって流れている

全国的にも珍しい川。

靴を脱いで川の中を歩き、上流のカムイワッカ湯の滝を目指すチャレンジコース

靴を脱いで川の中を歩き

上流の滝を目指す沢登りコース。

100mほど上ると現れる一番大きな滝壺のあるカムイワッカ湯の滝「一の滝」

100mほど川を登ると現れる

一番大きな「一の滝」

カムイワッカ湯の滝の「一の滝」は足が滑ると滝壺に落ちる難所

「一の滝」を登る様子。

足が滑ると滝壺に落ちる難所。

「一の滝」を越えると、この先は落石の危険があるため立入禁止となっているカムイワッカ湯の滝

「一の滝」を越えると、この先は

落石の危険があるため立入禁止。

昔は行くことのできたカムイワッカ湯の滝の上流にある滝壺温泉

昔は行く事のできた上流の滝壺温泉。

(2000年10月に撮影)

流れる水は温かく、湯煙も上がるカムイワッカ湯の滝

流れる水は温かく、湯煙も上がる滝。

(2000年10月に撮影)

コメント

温泉が川の中を流れ、秘境温泉としても有名になっているなカムイワッカ湯の滝。見学は自由です。

滝と言うより、ほとんど川となっていて、靴を脱いで川の中を歩いて登って行くことになります。そのため、持参したシューズやサンダルに履き替えたり、裸足で登っている人もいますが、川底は岩で滑りやすいです。

ポイントは水が流れている川の中の方が、滑りにくく、逆に露出している岩場を歩くのは避けましょう。ガイドさんは意外と靴下をはいて歩くのが滑らないと言っていました。ちなみにこの場所は秘境なので売店やロッカー等はなく、観光化されていません。毎年、滑って滝壺に落ちる人がいるようなのでケガのないように注意して下さい。

そして、一番残念なことは、落石の危険があるため、上流の滝へ行けなくなりました。そのため、現在は「一の滝」までの100mほどが登れるだけとなっていて、さらに流れる水は温かくないので滝壺温泉も楽しめません。

かつては、四の滝まで行くことができ、ワイルドな岩場を乗り越え、温かい温泉で満たされた滝壺に入浴できました。勿論、滝壺は深く足が届かないので泳いだり、泉質が強酸性のため、目がヒリヒリしたことを良く覚えています。まだ上流まで行くことができ、入浴もできていた頃の写真2枚も掲載しました。