大雪山の登山・観光ガイド

日本百名山の一つ、年間30万人が訪れる北海道最高峰の山

パソコン版・大雪山を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・大雪山を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

中岳コース(前半)

下山で利用した旭岳山頂から中岳付近を通るルート

下山に利用した旭岳山頂から中岳付近を通り、ロープウェイ山頂駅までの中岳コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
旭岳の山頂からロープウェイ山頂駅を目指して下山で利用した中岳コース

旭岳の山頂。

ロープウェイを目指して下山開始→

スタートすると唖然とするほど滑りまくる急な下り坂のある大雪山最高峰の旭岳

スタートすると唖然とするほど

滑って止まらない急な下り坂。

何度も滑り、やっと下山して、見上げる旭岳の山頂方向

何度も滑ってしまい

やっと下山して振り返る山頂。

ここから先は、目の前に見える間宮岳まで上り坂

ここから先は、目の前に見える

間宮岳まで上り坂。

大雪山最高峰の旭岳の標高2000mもある場所でもカラスを発見

標高2000mもある場所で

カラスを発見。

左手の熊ヶ岳を通過し、目の前に見える平らな間宮岳

熊ヶ岳を通過し

目の前に見える平らな間宮岳。

大雪山の周りに何もない殺風景な中岳と北海岳の分岐点

中岳と北海岳の分岐点。

周りに何もない殺風景な場所。

右手に見える御鉢平が眺められ、その先に見える北鎮岳と黒岳

ここから目の前に見える御鉢平。

左端に北鎮岳、右端に黒岳。

大雪山で平らで特徴的な山頂をしている黒岳

黒岳を拡大。

平らで特徴的な山頂。

標高2185mの間宮岳に到着

しばらくして間宮岳に到着。

※中岳コース(後半)へ続く。

コメント

旭岳登頂後、別ルートで下山したいと思い、このコースを選びました。

旭岳山頂からロープウェイ山頂駅まで、高低差691m、距離8700m、ゆっくり歩いて4時間ほどかかりました。

まずは、旭岳山頂から間宮岳のある東方向へ下っていきますが、経験したことがないくらいのスゴイ下り坂でした。「超」が付くくらいの急坂で、しかも砂道で滑りやすく、かなり苦労しました。

その後は、間宮岳まで殺風景な景色を眺めながら、少し登るコースで開放感たっぷりでした。

下山開始から1時間もすると、間宮岳にたどり着き、ここから眺める大きな窪みの御鉢平の景色は綺麗で、時間があれば、間宮岳-北海岳-黒岳-北鎮岳-中岳とお鉢巡りしてみたかったです。