網走の観光ガイド

流氷を始めとする自然と歴史文化の残るオホーツク海を望む街

パソコン版・網走を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・網走を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

流氷観光砕氷船「おーろら」

冬の風物詩「流氷」を海から眺めるオホーツク海の遊覧船

冬の風物詩「流氷」を海から眺めるオホーツク海の遊覧船となっている流氷観光砕氷船「おーろら」

写真

はクリックすると拡大表示できます
冬の定番観光となっている流氷観光砕氷船「おーろら」

冬の定番観光となっている

流氷観光砕氷船「おーろら」

流氷観光砕氷船「おーろら」の屋上デッキは開放感があり、オホーツク海を一望

屋上デッキは開放感があり

オホーツク海を一望できる特等席。

出発して15分ほどすると流氷の浮かぶ海域へ突入する流氷観光砕氷船「おーろら」

出発して15分ほどすると

流氷の浮かぶ海域へ突入。

目の前を次々と大きな流氷が流れ、最大80cmの氷も砕き進める流氷観光砕氷船「おーろら」

目の前を次々と流氷が流れ

厚さ80cmの氷も割れる砕氷船。

流氷観光砕氷船「おーろら」から見ていると大きなヒビが入り、音を立てて、流氷が割れる瞬間は圧巻

大きなヒビが入り、音を立てて

流氷が割れる瞬間は圧巻。

流氷観光砕氷船「おーろら」から流氷が海面を覆う先に見える雪景色の知床半島

海面に浮かぶ流氷の先に見える

雪景色の知床半島。

流氷観光砕氷船「おーろら」に乗っていると、運良く、氷の上で休む、オオワシに遭遇

運良く、氷の上で休む

オオワシに遭遇。

流氷に停まっていた、オオワシは目の前で飛び立ち、2mにもなる翼の大きさに圧倒

目の前で飛び立ち

2mにもなる翼の大きさに圧倒。

コメント

オホーツク海の冬の風物詩「流氷」を見ることのできる流氷観光砕氷船「おーろら」。乗船は有料です。

道の駅「流氷街道網走」が乗り場となっていて、乗船時間1時間のコース。船は全長45m、450名の大型船となっています。

この日は天気も良く、たくさんの流氷を見ることができ、さらにオオワシの写真も撮れました。船に流氷が当たると、鈍い音を立て、一気に亀裂が入る光景がすごく、想像以上の体験ができました。

気象条件に左右される流氷なので必ず見られるとは限りません。船が行ける範囲に流氷があれば良いのですが、一晩で数十kmも大移動することがあり、昨日は見れても今日は見れないことも多いようです。

2014年から2018年の流氷体験率は、68%・71%・31%・73%・80%なので、流氷が船から見られる確率は70%くらいです。ちなみに、流氷が全くない場合は、能取岬の遊覧クルーズへ切り替えられます。

気まぐれな流氷なので、出かける前に公式ホームページや電話で流氷の状態をチェックすることをオススメします。あと、別の船になりますが、紋別発の流氷船「ガリンコ号」もあります。