網走の観光ガイド

流氷を始めとする自然と歴史文化の残るオホーツク海を望む街

パソコン版・網走を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・網走を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

能取湖サンゴ草

赤い絨毯を敷き詰めたように湖が染まるサンゴ草の群生地

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
赤い絨毯を敷き詰めたように湖が染まるサンゴ草として日本最大の群生地となっている能取湖の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
網走の観光名所となっているサンゴ草が自生する能取湖

網走の観光名所となっている

サンゴ草が自生する能取湖。

サンゴ草が湖を覆い尽くす日本最大の群生地の能取湖

サンゴ草が湖を覆い尽くす

日本最大の群生地。

能取湖には木道が整備されていて歩きながらサンゴ草を観察可能

湖には木道が整備されていて

歩きながら観察可能。

能取湖のサンゴ草を拡大して見ると枝のように伸びる肉厚の茎

サンゴ草を拡大して見ると

枝のように伸びる肉厚の茎。

能取湖には多くの水鳥も集まっていてエサをついばむ光景

湖には多くの水鳥も集まっていて

エサをついばむ光景。

塩分の多い湿地に生えるサンゴ草について

塩分の多い湿地に生える

サンゴ草について。

コメント

葉のない茎が赤く変色するサンゴ草の群生地となっている能取湖。見学は自由です。

正式には、厚岸草(アッケシソウ)と呼び、9月中旬から10月にかけて色づきます。

訪れたのは、8月下旬と早かったので、まだ緑色のサンゴ草も多くありましたが、それでも、赤く染まる湖は神秘的で綺麗でした。

サンゴ草の自生している場所は、湖の南側に位置する「卯原内」と言うところで、駐車場やトイレなどが整備されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加