洞爺湖の観光ガイド

2008年にサミットの開催で注目となった周囲43kmのカルデラ湖

パソコン版・洞爺湖を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・洞爺湖を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

金比羅火口災害遺構散策路

2000年の噴火によって被災した建物を保存する展示施設

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
2000年の噴火によって被災した建物を保存する展示施設の金比羅火口災害遺構散策路の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
噴火による壊滅的な被害を保存した有珠山の金比羅火口災害遺構散策路

噴火によって壊滅的な被害を受けた

金比羅火口災害遺構散策路。

1階部分が火山灰で埋まった公営住宅「桜ヶ丘団地」のある有珠山の金比羅火口災害遺構散策路

1階部分が完全に火山灰で埋まった

公営住宅「桜ヶ丘団地」

噴火による被害を近くで見ることのできる有珠山の金比羅火口災害遺構散策路

噴火による被害を当時のまま

見学することのできる遺構。

洞爺湖の金比羅火口災害遺構散策路に保存される泥流が直撃し、大きく損傷した温泉施設「やすらぎの家」

泥流が直撃し、大きく損傷した

温泉施設「やすらぎの家」

山を少し登ったところにある2000年に噴火を起こした火口が見られる金比羅火口災害遺構散策路

山を少し登ったところにある

2000年に噴火を起こした火口。

有珠山の金比羅火口災害遺構散策路のいたる所に散乱している噴石と火山灰

敷地内のいたる所に散乱している

噴石や火山灰。

コメント

2000年3月の噴火によって、大きな被害を出した金比羅山付近を保存展示している金比羅火口災害遺構散策路。見学は無料です。

泥流が建物を襲い、火山灰が大量に降り積もった当時の姿が保存されています。温泉施設の1階ロビーに流れ込んた泥流は、見ていて恐ろしいほどの光景でした。案内には、前年に1億円をかけて建物を改装したばかりだったとも書かれていました。

写真も掲載しましたが、山を上の方へ10分ほど登ると、噴火の原因となった実際の火口があるので、時間があれば合わせて見学しましょう。