十勝岳の登山ガイド

日本百名山の一つ、荒々しい景観が広がり噴煙を上げる活火山

パソコン版・十勝岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・十勝岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

昭和噴火口

1962年に大噴火をおこし、死傷者も出た火口跡

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
1962年に大噴火をおこし、死傷者も出た火口跡となっている昭和噴火口の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
直径300m以上の大きさがある十勝岳の昭和噴火口

直径300m以上の大きさがある

昭和噴火口。

荒々しい昭和噴火口の外輪を通る十勝岳の登山ルート

荒々しい火口跡の外輪を通る

登山ルート。

十勝岳の昭和噴火口では、足元にたくさん転がっている火山活動によって噴出した火山礫

足元にたくさん転がっている

火山活動によって噴出した火山礫。

昭和噴火口から眺める十勝岳の山頂

昭和噴火口から眺める

十勝岳の山頂。

コメント

標高1700m、300m×400mほどの大きさのある昭和噴火口。

火口周辺は、噴火に伴う火山礫や大きな火山岩塊がゴロゴロと転がり、少しの植物が自生しているだけの殺風景な場所となっています。

急坂の登山道を登り切ったところに火口跡があり、平らで眺めも良いので休憩する人を多く見られました。