龍飛崎の観光ガイド

津軽海峡を挟み北海道が目の前に見える津軽半島最北端の岬

パソコン版・龍飛崎を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・龍飛崎を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

青函トンネル記念館

実際の坑道見学を始め、青函トンネルを紹介する歴史資料館

ケーブルカーに乗って地下140mにある実際の坑道見学を始め、青函トンネルの歴史や工法を紹介する歴史資料館の青函トンネル記念館

写真

はクリックすると拡大表示できます
トンネルが完成するまでを紹介する龍飛崎の青函トンネル記念館

トンネルの歴史や掘削を紹介する

青函トンネル記念館。

龍飛崎の青函トンネル記念館にある海底の坑道までを8分で繋ぐケーブルカー

海底の坑道までを8分で結ぶ

ケーブルカー。

龍飛崎の青函トンネル記念館のケーブルカーを降りるとそこは海面下140mの作業坑

ケーブルカーに乗り、到着すると

そこは海面下140mの作業坑。

龍飛崎の青函トンネル記念館で見ることの出来る実際に使用された作業坑は岩がむき出しの狭い空間

実際に使用された作業坑は

岩がむき出しの狭い空間。

掘削機や台車などが展示され当時の様子を再現している龍飛崎の青函トンネル記念館

削岩機や貨車などが展示され

当時の様子を再現。

龍飛崎の青函トンネル記念館の海底にある施錠された扉の向こうにある廃止された竜飛海底駅

施錠された扉の向こうにあるのが

廃止された竜飛海底駅。

かつて、龍飛崎の青函トンネル記念館で見学可能だった竜飛海底駅

見学可能だった頃の竜飛海底駅。

(2001年5月撮影)

龍飛崎の青函トンネル記念館で見学できた、狭い竜飛海底駅を通過する電車

狭い竜飛海底駅を通過する電車。

(2001年5月撮影)

コメント

世界第2位の長さを誇る全長53kmの青函トンネルについて様々な展示を行う青函トンネル記念館。入館は有料です。

24年の歳月をかけて完成したトンネルの歴史や工法を始め、実際に発生した事故などを模型やパネルを使って解説しています。

ケーブルカーに乗って地下140mの海底へ行ける体験坑道は、青函トンネルへ近づけ、当時の工事の様子を知ることができます。

かつての体験坑道は、トンネル内にあった竜飛海底駅を通過する貨物列車を駅ホームから見ることもできました。今考えればスゴイ見学コースでしたが、2014年に竜飛海底駅は廃止され、無くなってしまったので、2001年に撮影した写真2枚を掲載しました。