八甲田山の登山・観光ガイド

日本百名山、高山植物の咲きほこる湿原が多数点在している名峰

パソコン版・八甲田山を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・八甲田山を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(田茂萢コース)

ロープウェイを利用して八甲田山最高峰の大岳に登る登山ルート

ロープウェイを利用して八甲田山最高峰の大岳に登る登山道の田茂萢コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
ロープウェイ山頂駅の登山口から八甲田山最高峰の大岳山頂を目指し、登山開始

ロープウェイ山頂駅の登山口。

ここから山頂を目指し、登山開始→

ロープウェイ山頂駅をスタートして、しばらくは田茂萢湿原を進む八甲田山の登山道

スタートして、しばらくは

田茂萢湿原を進む。

田茂萢湿原が終わると本格的な登山道が始まる八甲田山登山

田茂萢湿原を過ぎると

本格的な登山道の始まり。

八甲田山の登山道を登った所で後ろを振り返ると眼下に広がる雄大な景色

急坂の途中で後ろを振り返ると

眼下に広がる景色が綺麗。

急坂を登り切ると、大崩落を起こした断崖絶壁の尾根歩きとなる八甲田山の登山ルート

急坂を登り切ると、次は尾根歩き。

左は大崩落を起こした断崖絶壁。

小さな祠の立つ、標高1548mの赤倉岳を通過する八甲田山登山道

小さな祠の立つ

標高1548mの赤倉岳を通過。

八甲田山の登山ルートは火口の外輪を歩くため、左右どちらも展望の良い場所

さらに登ると噴火口の外輪を歩き

左右どちらも展望の良い場所。

目の前に見え始める目指す八甲田山最高峰の大岳山頂

そして、目の前に現れる大岳山頂。

ここからは下ってからの上り坂。

大きく標高を下げると見えてくる八甲田山の避難小屋

大きく標高を下げると見えてくる

避難小屋。

避難小屋から急坂を30分登って、八甲田山最高峰の大岳に到着

避難小屋から急坂を30分登って

八甲田山最高峰の大岳に到着。

コメント

八甲田ロープウェーを利用して八甲田山最高峰の大岳を目指す登山コース。

山頂までは、高低差300m、距離4000m、時間にして2時間ほどの登山コースとなっています。

ロープウェイを使用するので楽な登山道のように思いますが、急坂もしっかりあります。また、避難小屋を目の前に、一端、大きく下って、その後、上り坂なので、実際の高低差は+100mほど加わります。

ロープウェイ山頂駅をスタートすると、20分くらい田茂萢湿原を自然散策するように歩き、その後、標高を上げるに従って、眼下に綺麗な景色が広がります。さらに、大崩落の断崖絶壁や直径200mの噴火口なども見どころとなっています。

なお、トイレはロープウェイ山頂駅と避難小屋にありました。