白神岳の登山ガイド

1993年に国内初の世界自然遺産に登録された白神山地の主峰

パソコン版・白神岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・白神岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道

ブナ原生林が眺められ、白神岳登山の定番となっている蟶山コース

ブナ原生林が眺められる白神岳登山の定番となっている蟶山コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
標高200mの登山口から白神岳山頂を目指し、登山スタート→

標高200mの登山口。

ここから山頂を目指し、登山開始→

白神岳の登山コースの前に現れた野生のサルに、目を合わさず、刺激しないでスルー

スタート直後

目の前に現れた野生のサル。

サルは刺激しないように通過し、本格的な白神岳の登山道の始まり

サルは刺激しないように通過し

本格的な登山道の始まり。

白神岳の登山コースは、ブナやヒバ林が頭上を覆い、白神山地を実感できる自然美

ブナやヒバ林が頭上を覆い

白神山地を実感できる森。

自然豊かな白神山地を登山していてヘビが出現する白神岳の登山コース

突然、目の前にヘビ出現。

やはり、自然豊かな白神山地。

スタートから1時間半、中間地点となるマテ山との分岐点を通過する白神岳の登山道

マテ山との分岐点を通過。

ここからは急坂の連続。

急坂を登り切り、十二湖方向からと合流する大峰分岐に到着した白神岳の登山道

急坂を登り切り、十二湖方向からと

合流する大峰分岐に到着。

白神岳の大峰分岐は尾根のため眺めが良く、目の前は世界遺産の核心地域

大峰分岐からは尾根歩きとなり

見えてくる世界遺産の核心地域。

白神岳の登山コースはササに覆われ、避難小屋が見えると山頂はもうすぐ

登山道はササに覆われ

避難小屋が見えると山頂はもうすぐ。

白神岳の登山コースはスタートから3時間ほどで白神岳山頂に到着

スタートから3時間ほどで

白神岳山頂に到着。

コメント

山の西側を登る白神岳登山の蟶山コース(マテ山コース)

登山口から山頂まで、高低差1035m、距離6500m、時間にして3~4時間の登山コースとなっています。

高低差も大きいため、急坂も出てきますが、美しいブナ林を通り抜けるところも多く、清々しく歩けるコースでした。

特に、十二湖方向からの合流地点となっている大峰分岐からは、開放感のある尾根歩きとなり、しかも期待していた世界遺産核心地域の山々が眺められ感動的でした。

また、途中にマテ山の分岐点も出てきて10分ほどでピストンできますが、山頂に展望はありません。