白神岳の登山ガイド

1993年に国内初の世界自然遺産に登録された白神山地の主峰

パソコン版・白神岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・白神岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

白神岳山頂

標高1235m、世界遺産登録地域の境に位置する白神岳の頂上

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
標高1235m、世界遺産の核心地域が見渡せる白神岳山頂の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
平らで比較的スペースのある白神岳山頂

平らで比較的スペースのある

白神岳山頂。

白神岳山頂に設置されている標高1231.88mの一等三角点

山頂に設置されている

標高1231.88mの一等三角点。

緑のササが一面を覆う中に立つ、白神岳山頂の非難小屋とトイレ

緑のササが一面を覆う中に立つ

非難小屋とトイレ。

白神岳山頂から東方向に見える景色はすべて世界遺産に登録される区域

東方向に見える景色はすべて

世界遺産に登録される区域。

コメント

東側にブナの森、西側には日本海が見渡せる標高1235mの白神岳。

この日は、ガスが多く、日本海や岩木山は見えませんでしたが、白神山地の核心地域を望むことができました。

白神山地の世界遺産は、中央部の核心地域と周辺の緩衝地域に分かれていて、核心地域は人の手が入っていないエリアで、この景色を見たくて今回、登りました。

遠くからだと普通の山のようにしか見えませんでしたが、緑一色のブナ原生林を近くで眺めてみたいものです。

なお、白神山地の最高峰は、ここから3kmほど北東方向にある向白神岳ですが、残念ながら、登山道がないので行くことはできません。