早池峰山の登山ガイド

日本百名山の一つ、長い稜線が特徴となっている北上山系の主峰

パソコン版・早池峰山を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・早池峰山を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(五合目→山頂)

小田越登山口からスタートする早池峰山の登山道

小田越登山口からスタートする早池峰山の定番となっている登山道

写真

はクリックすると拡大表示できます
早池峰山山頂を目指し、五合目御金を出発する登山道

※登山道(小田越→五合目)の続き。

山頂を目指し、五合目を出発→

登山道の五合目を出ると見えてくる早池峰山頂

五合目を出ると見えてくる山頂。

(矢印のところ)

緑のハイマツが一面に広がり、開放感のある早池峰山の登山道

緑のハイマツが一面に広がり

開放感のある景色。

しばらく登ると岩が露出する急坂に突入する早池峰山の登山道

しばらく登ると

岩が露出する急坂に突入。

早池峰山の登山道は滑りやすい蛇紋岩が多く、黒光りしているところは注意が必要

早池峰山は滑りやすい蛇紋岩が多く

黒光りしているところは特に注意。

このルート最大の難所とも言える垂直のハシゴが出てくる早池峰山の登山道

このルート最大の難所とも言える

垂直のハシゴ。

早池峰山の登山道にあるハシゴは垂直だけでなく長さもあり、登り切り、上から見ると断崖絶壁

ハシゴは距離も長く

上から下の方を見ると断崖絶壁。

ハシゴを過ぎると景色が一変し、緑の広がる木道を進む早池峰山の登山道

ハシゴを過ぎると景色は一変し

緑の広がる木道を進む。

上の方に建物が見え始めると、山頂まで、あと少し

上の方に建物が見え始めると

山頂まで、あと少し。

登山口からスタートから1時間40分、早池峰山の山頂に到着

スタートから1時間45分ほどで

早池峰山の山頂に到着。

コメント

登山口の小田越をスタートし、五合目御金蔵を経由して、早池峰山頂を目指す登山道。

岩場の多い登山道が続き、滑りやすい蛇紋岩が露出しているところもあり、下山や雨の時は注意して下さい。

そして、天狗の滑り岩と呼ばれているハシゴ場は、色々と登山していてもなかなか出会うことのないくらいの距離と垂直でした。ハシゴを登って、上から眺める光景は想像以上で驚きました。

今回、早池峰山を登山してみて、岩場と急坂の多い、どちらかというと大変なルートでしたが、登山道脇には緑やお花が多く、開放感もあって景色を楽しみながら登ることができました。