金華山の観光ガイド

金運のパワースポットとして注目される牡鹿半島の沖合にある島

パソコン版・金華山を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・金華山を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

鮎川港

金華山や網地島への定期観光船が発着している港

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
金華山や網地島への観光船が発着している鮎川港の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
観光拠点にもなっている鮎川港

観光拠点になっている鮎川港。

(東日本大震災の前に撮影)

様々な船が見られ漁業も盛んな静かな港町となっている鮎川港

様々な船が見られ漁業も盛んな

静かな港町。

鮎川港のシンボルとなっている波の上にクジラが乗るオブジェ

港のシンボルとなっている

波の上にクジラが乗るオブジェ。

金華山や網地島への定期観光船乗り場となっている鮎川港

金華山や網地島へアクセスする

定期観光船乗り場。

震災前まで鮎川港にあったお土産屋と海鮮レストラン

震災前まで港にあった

お土産屋と海鮮レストラン。

震災前まで鮎川港で業務を行っていた観光案内所

震災前まで港で業務を行っていた

観光案内所。

コメント

駐車場が完備し、定期観光船乗り場として利用されている鮎川港。

掲載した写真は、東日本大震災の前に撮影したものとなります。鮎川港は、津波により、多くの建物が甚大な被害を受け、掲載した海鮮レストランや観光案内所の建物も全壊したため解体撤去され、港全体が大きく変わってしまいました。

現在は仮設の建物を利用して、観光案内所は業務を再開しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加